FC2ブログ

キジバトの哀しい出来事

毎年のこと、雑木林や神社・寺、緑道に近い家の周りは野鳥の繁殖時.春の囀りで賑やかです。僅かの隙間で雛を育てるシジュウガラ、高木の上で子育てのカラス、雨が凌げるような幹の角度にコゲㇻ・アオゲラ。無事に巣立ちができるとほっとしますが、大体アオダイショウ、烏に狙われ残念なことになってしまいます。
我が家のアメリカハナミズキの高枝に巣作りをしていたキジバトが、今年は大事件。昨秋に込み合った枝を剪定されてしまいすけすけ。数日つがいで偵察。これではカラスに見つかると、代わりに選んだ木がミズキ科のサンシュ。サンシュは葉を密生させ上からは烏に見つからない。
交代で抱卵して十数日、上から狙われなくても虎視眈々と狙うのがアオダイショウとご近所の猫。無事に巣立ちをと見張っていたのに残念。早朝のうちに、「カレン」などと優雅な名前を付けられた猫にやられてしまう。

IMG_4423_convert_20200614122601.jpg
枝が隙々になってしまったアメリカハナミズキ。キジバトの巣作りに愛想をつかされました。

IMG_4421_convert_20200614122651.jpg
代わりに選ばれたのが、サンシュの木。蛇や猫が狙うのにはちょうど良い高さ、見張りに気が抜けません。。

IMG_4419_convert_20200614122454.jpg
もう一歩で誕生したのに何とも思いきれない。残念。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する