FC2ブログ

清瀬市に増える ホソバイヌビワ

◆ホソバイヌビワ クワ科イチジク属の落葉低木
梅雨明けの猛暑、外出からやっと家に近い緑道の木陰に入る。ふっと足元を見ると鮮やかな緑の細長い葉の芽出しに逢う。葉は互生、鋭く先のとがる葉は木本らしいシャープな力強さを感じる。

IMG_0610_convert_20190804003834.jpg

IMG_0617_convert_20190804004107.jpg

IMG_0612_convert_20190804003959.jpg

IMG_0736_convert_20190804181821.jpg
空堀川沿いのホソバイヌビワ、すでに3年位で実をつけています。

◆イヌビワ クワ科イチジク属の落葉低木。最初に清瀬市の河川敷きや公園に確認。雌雄異株。雌木にも雄木にも同じようなイチジクを小さくしたような実がつきます。
葉は全縁、大きさは10~20センチと比較的大きさに差があり、葉脈は6~8対。樹高2mくらいで横に枝を張ります。葉柄も3~4センチです。

IMG_0725_convert_20190804181654.jpg

IMG_0746_convert_20190804181552.jpg
スポンサーサイト



コメント

No title

すみれさんはやっぱりすごいね。
私もあそこにイヌビアがあるなと見ていましたが
葉っぱの違いまで気づかず、見過ごしていました。
いつも、すみれさんの洞察力には感心しています。

No title

ヤマユリ様 お世話様です。相変わらずご多忙でしょうね。
今年の夏は暑すぎました。 お元気でしたか。
例年咲き終えて果実とのなる今、キツネノカミソリが出始めてきています。
八幡様も昨夕花芽を持ち上げ咲き始めます。
植物にとっても戸惑う気象なんでしょうか。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する