FC2ブログ

治水工事後の河床の植生

6月26日(金)7月には河床の草刈だそうです。空堀川は28年度から洪水対策工事のため、河床を掘り下げ低水護岸を施工、流路をコンクリートで固定。高水敷の殆どがブロックが敷かれる。それでも僅かな土があれば様々な野草が生えてきます。

IMG_4433_convert_20200626235524.jpg
令和2年度工事予定。多自然であるよう望みます。ここにはのんびりとアオダイショウが昼寝をするネコヤナギ・トウダイグサ、イタドリ・セリ・チカラシバ・タデ科など多種の野草の宝庫。
このままで土砂が流されないよう、自然素材で石積み・土止めの工夫で済ませることはできないでしょうか。

IMG_4551_convert_20200627003628.jpg
工事中は姿を見せなかったアオダイショウです。改修されたら何処に引っ越すんでしょうね。安心して暮らせるような環境になるといいのにね

IMG_4434_convert_20200626235706.jpg
IMG_4437_convert_20200628113407.jpg
シソ科のトウバナ群生しています。

IMG_4543_convert_20200627234046.jpg
令和元年完成の落差工。

IMG_4455_convert_20200627000433.jpg
高水敷ブロック敷き。

IMG_4458_convert_20200627000706.jpg
40mだけ高水敷が覆土されました。様々な野草の芽生えが見られます。

平成30年・29年工事後の植生。

IMG_4443_convert_20200627000117.jpg
何回か刈り取られ、それでも種子をつけようとするからしな。

IMG_4509_convert_20200627234316.jpg
マンネングサノ仲間。水のあるところに陣取ります・

IMG_4445_convert_20200627000207.jpg
夏はつる草。コヒルガオからヤブガラシ・カナムグラ・ヘクソカズラ、様々絡み合います。

IMG_4449_convert_20200627000332.jpg
アヤメ科の、ヒメヒオオギズイセン。

IMG_4461_convert_20200627000841.jpg
湧水に近いところにセリが伸びます。

IMG_4464_convert_20200627000958.jpg
待っていたジュダマの芽生えです。

IMG_4478_convert_20200627001417.jpg
メハジキも見つけました。

IMG_4487_convert_20200628113542_20200628114730671.jpg
IMG_4475_convert_20200628113650_202006281147168ab.jpg
ナス科 イヌホオズキ

IMG_4501_convert_20200628113902_202006281147438be.jpg
よもぎの強い香りを出しています。ヒメヨモギかと迷わされます。今のところは、葉の幅3㎜、これから1mを超えて成長。正体を見つめてゆきたい。

工事前は、ノカンゾウ・ヤブカンゾウの群落が多くありましたが、まだ再生できていません。


スポンサーサイト



キジバトの哀しい出来事

毎年のこと、雑木林や神社・寺、緑道に近い家の周りは野鳥の繁殖時.春の囀りで賑やかです。僅かの隙間で雛を育てるシジュウガラ、高木の上で子育てのカラス、雨が凌げるような幹の角度にコゲㇻ・アオゲラ。無事に巣立ちができるとほっとしますが、大体アオダイショウ、烏に狙われ残念なことになってしまいます。
我が家のアメリカハナミズキの高枝に巣作りをしていたキジバトが、今年は大事件。昨秋に込み合った枝を剪定されてしまいすけすけ。数日つがいで偵察。これではカラスに見つかると、代わりに選んだ木がミズキ科のサンシュ。サンシュは葉を密生させ上からは烏に見つからない。
交代で抱卵して十数日、上から狙われなくても虎視眈々と狙うのがアオダイショウとご近所の猫。無事に巣立ちをと見張っていたのに残念。早朝のうちに、「カレン」などと優雅な名前を付けられた猫にやられてしまう。

IMG_4423_convert_20200614122601.jpg
枝が隙々になってしまったアメリカハナミズキ。キジバトの巣作りに愛想をつかされました。

IMG_4421_convert_20200614122651.jpg
代わりに選ばれたのが、サンシュの木。蛇や猫が狙うのにはちょうど良い高さ、見張りに気が抜けません。。

IMG_4419_convert_20200614122454.jpg
もう一歩で誕生したのに何とも思いきれない。残念。

身近な川の一斉水質調査に参加です

例年6月第一日曜は河川の水質調査。清瀬市は12箇所、3班に分かれて行う。
12箇所のうち空堀川は3箇所。昨夜の大雨で上流からペットポトル・容器包装類が、足も踏み込みにくいほどに伸び、流れに押し倒された雑草の上に散らばる。
今日は水質と共に河川内のプラゴミの量も種類別に記録。
水量は増えているが湧水が至る所から流入、きれいに澄んでいます。空堀川に多くある落差工がつくる深い淵では子供達のプール代わり。勿論水質は良好、細菌類は測定に含まれない。

IMG_4358_convert_20200608162638.jpg
流水は僅かづつ両岸から染み出す湧水が入り清流です。そして水際に草のある川には生き物が豊かです。

IMG_20200607_145358_convert_20200608162525.jpg
淵は身の丈より深い。溺れそうになった時、自分の命をどうして守る? 子供たちは素直に水上に上向き大の字に浮く。水難は一瞬、楽しいことばかりではない。水の怖さも知ってほしい。

IMG_4361_convert_20200608162738.jpg
今日の水質調査はプラゴミの種別迄多種にわたる。

IMG_4363_convert_20200608162843.jpg
雨の後で今年は流量数値も出せそうです。

IMG_4372_convert_20200608162952.jpg

IMG_4387_convert_20200608163246.jpg
後ろに見える橋は、旧清瀬橋、間もなく取り壊され、4.5m巾の橋に架け替えられます。今は工事中、立ち入り禁止区間が多い。

IMG_4395_convert_20200608163544.jpg

IMG_4401_convert_20200608163436.jpg
落差工の斜面は子供たちにとってスライダーとなり、繰り返し流れ下る。

IMG_20200607_152016_convert_20200608163705.jpg
お腹の赤いドジョウが網に入る。繁殖期なんですんね。

IMG_4365_convert_20200609004111.jpg
大変お疲れ様でした。河川があって初めて生き物の連鎖を目にする事が出来ます。



癒される雑草の中のアカスグリ

6月4日(日)新型コロナ発症から早半年。有効なワクチンと治療薬が使えるようになるまで、緊張感から解放されない。今日は柳瀬川に沿う崖線の手入れ。小さい急な斜面林ですが植生は豊か。今年初めての管理作業にお声が掛かり参加。
清瀬市とほんの少し離れているだけで、植生が変わり面白い。

IMG_20200525_155240_convert_20200604171853.jpg
やっと足が踏み込めそうなところに、雑多なつる草に負けじと姿を見せるツルニンジン。

IMG_4352_convert_20200604173439.jpg
IMG_4353_convert_20200604172258.jpg
IMG_4349_convert_20200604172046.jpg
IMG_4351_convert_20200604172227_202006041736153f0.jpg
フサスグリ? 雑木林の雑草の中に芽生え稔った可憐な赤い実、重苦しい日常を癒されるひと時です。