FC2ブログ

柳瀬川の秋

柳瀬川に注ぐ水抜き穴から沢山の地下水が出ています。その水量は一様ではない。その内の決めた所で定点測定。
柳瀬川の流れの中には成熟に近いアユが群れ泳ぐ。アユは1年魚、早春に稚魚が遡上し、10月の2週目ごろから産卵が始まる。産卵後のアユは横たわって流れ下る。毎年のこと,下流にはコイや、コサギ・ダイサギが待ち構えアユの姿は消えます。黒い背を流れの中に一列に重ね、感動的な場面に時のたつのも忘れて岸辺に立ち尽くす。今年も間もなくその時が来ます。

IMG_0159_convert_20180928233016.jpg
アユの棲む柳瀬川、清流です。

IMG_0166_convert_20180928233834.jpg
土手のススキが美しい

IMG_0157_convert_20180928233047.jpg

IMG_0168_convert_20180928233245.jpg

IMG_0152_convert_20180928233204.jpg
きめた箇所で継続的に地下水量測定です

IMG_0160_convert_20180928235400.jpg
土手に保全されるアキカラマツ(キンポウゲ科アキカラマツ属)多年草.花の少ないとき、土手に目立ちます。

IMG_0164_convert_20180928233608.jpg
アキカラマツの花。7月から秋まで黄白色の花を咲かせます。花弁のように見えるのは萼で、萼は咲いたそうそうに落ち、多数の雄しべが目立ちます。

IMG_0153_convert_20180928233450.jpg
桜並木の下に咲くヒガンバナ

IMG_0150_convert_20180928233347.jpg
水辺のコムラサキ。流れの景色を飾ります。

スポンサーサイト



野塩八幡緑地の今

今年の陽気はおかしい。例年たくさんのコバノカモメヅルが花を咲かせる9月、今年はツルを見ることもない

IMG_0146_convert_20180922222956.jpg

IMG_0131_convert_20180922223107.jpg
草刈の時、住宅街には少なくなってしまったススキを残して頂きました。満月に合わせるように穂を出し始めました。

IMG_0135_convert_20180922223154_20180922224200b4d.jpg

IMG_0147_convert_20180922223243.jpg
あちらこちらに固まってヒガンバナが咲いています。

IMG_0138_convert_20180922223322.jpg
帯化ヤマユリも変形に見えますが一先ずはしっかりと実を結んでいます。

IMG_0139_convert_20180922223405.jpg
これは健康なヤマユリ、25個の果実をつけています。

IMG_0140_convert_20180922223443.jpg
ウバユリの果実

IMG_0143_convert_20180922223523.jpg
つる草の間からツルボの花が顔を出していました。

コガタスズメバチ駆除しました

刺激を与えなければ害のないスズメバチですが、巣の下はご近所の小さいお子さんの遊び場でもあり、業者さんに依頼し片付けて頂きました。
繁殖の真っ最中、無難なところに巣作りをしてくれたらよかったのに‼

IMG_5040_convert_20180907221530.jpg

IMG_5033_convert_20180907221636.jpg
巣は以外ともろく、ちょと持っただけで崩れました。

IMG_5034_convert_20180907221716.jpg

IMG_5036_convert_20180907221808.jpg
業者さんは、白い防護衣で泡立つ薬品を巣に注入。巣のついた枝を切り落とし完了。僅か3分ほどで片付いてしまいました。