FC2ブログ

シナサワグルミ かな?

2012年、空堀川に沿う農家の空地にエノキ・クヌギ・コナラを植栽。後から様々な自生木が出てくることは勘定に入れていない。だから実生木が育つと過密になってしまう。
でも、抜くこともためらわれ、オオシマサクラ・コブシ・イヌザクラ・ゴンズイ・エゴノキ・ナンキンハゼ・ヤマザクラ・ザイフリボク・ウメ・ガマズミ等々所狭しと育ってしまう。その都度出てきた芽が何者なのか図鑑から探すのもおもしろく楽しみなのですが、2013年に生えてきた複葉で葉軸に翼のある下の写真の木はなかなか分からず、やっと「樹木見分けのポイント図鑑」に シナサワグルミ があり大変よく似ている。 他にシナサワグルミで探しても情報は少ない。一見してクルミ科だろうとは思うのですが・・・。

IMG_4354_convert_20180525232818.jpg
植栽地の石や杭など積んだ間から芽生え、今年で5年目に入ります。2m程に育ち来年くらいに花をつけてくれればはっきりします。植栽したクヌギの近くに出てしまい、横へ傾いて伸びています。

IMG_4359_convert_20180525232907.jpg
小葉は5~10対、葉軸に翼があり、清瀬では他に見たこともなくいったいどこから来たものでしょう。

IMG_4352_convert_20180525232940.jpg
幹は緑がかり斑点があります。

IMG_4356_convert_20180525233031.jpg
複葉の表。

IMG_4361_convert_20180525233120.jpg
複葉の裏です。

IMG_4372_convert_20180525233258.jpg
新芽の枝先。

IMG_4366_convert_20180525233339.jpg
2017年また1本実生木です。クルミの多くは雌雄同種どんな実がつくのか見たいものです。

IMG_4370_convert_20180526005209.jpg
最近の植栽地。外来種:ワルナスビ・セイタカアワダチソウの駆除に追われる毎日です。
スポンサーサイト



空堀川お成り橋に親水階段 (きれいに模様替え)

IMG_2172_convert_20180519235823.jpg
お成り橋から上流を見る(29年12月)

IMG_4495_convert_20180519215024.jpg

IMG_4491_convert_20180519214911.jpg

IMG_4487_convert_20180519215157.jpg

IMG_4489_convert_20180519215332.jpg
お成り橋上流左岸管理通路には、フェンスに遮られかなり細長い緑地があり、流連にてワンド(丸池)を作っる時以来、その河川用地を使って緑化と親水階段を要望されてきました。
管理通路改修と同時に素晴らしい管理通路と親水階段が設置されました。

IMG_2323_convert_20180519223546.jpg
 
IMG_4155_convert_20180519215934.jpg

IMG_4154_convert_20180519215651.jpg

IMG_4152_convert_20180519215738.jpg

IMG_4153_convert_20180519215811.jpg
折角こんなにきれいに整備され、2~3本高木があったら涼しくていいでしょうね。ハンカチノキとか秋に楽しみなイイギリなど、魅力ある場所間違いなし・・・。

我が家に初めてテングチョウ

家の近くにはエノキの実生木が大変多い。うっかりするとすぐに1mを超えて成長。エノキを食草とする蝶も多く、春一番にアカボシゴマダラが羽化。春型蝶がゆったりと舞う。今日は初めて網戸に止まるテングチョウ。
そして羽化したばかりのヒオドシチョウ。

IMG_4277_convert_20180519103103.jpg
IMG_4273.jpg
IMG_4276_convert_20180519103037.jpg
網戸に止まる夕暮れのテングチョウ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


IMG_4282_convert_20180523225700.jpg
樹木植栽地、オオムラサキのゲージ内で羽化をし、抜け殻にしがみつくヒオドシチョウ(タテハチョウ科)

柳瀬川散策 (清瀬の魅力やっぱり水辺と緑)

河川には外来種、園芸種の逸出など。色鮮やかなザクロが水をかぶり、ゴミが巻き付いても頑張って花をつけています。5年ほど前に柳をさしたワンドに降りてみます。草丈を伸ばしたイネ科の草を分けて進むと大きな青大将が顔を出し、立ち止まるとするすると引っ込み、進むと違うのがまた顔をだす。どうやらこの洲は蛇島の様子。

IMG_4195_convert_20180514221725.jpg

IMG_4198_convert_20180514221853.jpg

IMG_4203_convert_20180514221943.jpg

IMG_4210_convert_20180514222017.jpg

IMG_4214_convert_20180514222547.jpg

IMG_4192_convert_20180514222057.jpg

IMG_4219_convert_20180514222314.jpg

IMG_4220_convert_20180514222408.jpg

IMG_4225_convert_20180514222633.jpg

IMG_4232_convert_20180514222717.jpg

IMG_4226_convert_20180514222825.jpg
これはだめでしょう、葉が茎を抱いています。時々見つけて焼却ゴミになります。とってもきれいで心が痛みます。

IMG_4236_convert_20180514222156.jpg




5月15日(火)国立研究開発法人 土木研究所水環境研究グループ長 萱場祐一先生が 清瀬市空堀川の石田橋に 午後1時30分にお越しくださいます。どうしたら清瀬市の環境に合った川づくり、安全で生き物豊かな川づくりが出来るのでしょう。萱場先生を囲んでみんなで考えてみませんか。
どうぞお出かけください。


植栽地だより ヒオドシチョウ幼虫と蛹

5月1日 植栽地のエノキから、春型アカボシゴマダラ成虫2羽をゲージから出す。4日オオムラサキのゲイジに黒っぽい毛虫が多数ぶら下がり次々と蛹に変わってゆく。6日元郷土博物館長森田先生に見て頂き「ヒオドシチョウ」と解りました。

IMG_4112_convert_20180507235602.jpg

IMG_4113_convert_20180507235822.jpg

IMG_4114_convert_20180507235859.jpg
エノキではなくゲージの隅々にぶら下がり、オオムラサキとは習性が違うように見えます。

IMG_3920_convert_20180508001500.jpg
キハラゴマダラヒトリ

初めて出会う「ノジシャ」 (清瀬市中里)

5月4日 柳瀬川新合流点にクヌギ7本を植樹。多種の花をつける草本の中に草丈15㎝程のノジシャがたくさん見られる。地中海原産。茎は二又に数回分枝し、葉は長さ2〜4cmの長倒卵形〜長楕円形で対生.枝先に直径約2mmの白色の花を多数つける。長楕円形の苞葉が目立ち、花は漏斗状で先端は5裂する。

IMG_4126_convert_20180504231802.jpg

IMG_4130_convert_20180504232051.jpg

IMG_4136_convert_20180504232203.jpg

IMG_4124_convert_20180504232409.jpg

IMG_4134_convert_20180504232459.jpg

IMG_4137_convert_20180504232234.jpg
新しく出会う草本の多くが外来種というのは残念です。

追記」野草をよく知るk氏から、この白花は シロノヂシャ です。とご教授を頂く。訂正させて頂きます。

続きを読む »

初夏の環境学習 (清瀬下宿ビオトープ)

5月1日・2日 子供たちの観察の場には例年より早くクロアゲハやジャコウアゲハが舞い、子どもたちの喜ぶ大きな青大将が姿を見せます。 

IMG_4009_convert_20180502225232.jpg

IMG_4014_convert_20180502225134.jpg

IMG_4011_convert_20180502225323.jpg

IMG_4000_convert_20180502225404.jpg

IMG_4003_convert_20180502225536.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

IMG_4017_convert_20180502230051.jpg
柳瀬川の土手は手の付けようもないほどヤセウツボ(ハマウツボ科)が増えてしまい、今春とうとうビオトープにも多く侵入。目についたものは抜き取るが繁殖力はすごい。

IMG_4031_convert_20180502235510.jpg

IMG_4034_convert_20180502235325.jpg

IMG_4041_convert_20180502235427.jpg
今新たに繁殖しているのがヒルザキツキミソウ(アカバナ科)土手は除草されるせいか草丈20㎝くらいです。