FC2ブログ

賑やかにボランテァ体験して頂きました (清瀬市柳瀬川)

8月19日(土)連日曇り続き、雨を心配しながら柳瀬川の清掃。
清瀬社会福祉協議会主催のボランテァ体験希望者を受け入れ。小学校3年生さんも数名。低学年は保護者同伴。河川ボランテァを小さいうちから体験、なんと頼もしい。今日は社協の皆様、日本社会事業大学・十文字大学の学生さんも子供たちの安全確保もかねてご参加。ありがとうございます。

IMG_0670_convert_20170822223723.jpg

IMG_0672_convert_20170822223824.jpg
悪天候続きにもかかわらず、水量も水質も良く、子供たちの活動にはちょうど良い。

IMG_0673_convert_20170822223913.jpg
子供達皆にきれいにして頂き、川も喜んでいるように見えるのですが・・・。

IMG_0674_convert_20170822224018.jpg
草の中は様々なものが引っかかり、これは大人の出番、重くて1人では手に負えないものも。

IMG_0678_convert_20170822224101.jpg
松崎社長、ご多忙の中遠路ありがとうございました。

IMG_0677_convert_20170822224139.jpg
雨の都度積もるごみもきれいになりました。

IMG_0681_convert_20170822224350.jpg
綺麗になったところで、皆で生き物調査。田島副会長魚取り名指導、子供たちの真剣な眼差し、捕れるといいな!

IMG_0682_convert_20170822224428.jpg

IMG_0684_convert_20170825121053.jpg
IMG_0687_convert_20170822224704.jpg

IMG_0685_convert_20170822224608.jpg
捕れた魚の解説です。荒幡事務局長はさかな博士、ギバチ・ヌマチチブ。ジュズカケハゼ・モツゴ・ドジョウ・綺麗な色彩のオイカワ♂・スジエビ・テナガエビ・ヌマエビの仲間、ハグロトンボヤゴ・コオニヤンマのヤゴ・アメリカザリガニ・スッポン、モクズガニ 14種。ガガンボの幼虫らしきものも捕獲。釣り人さんからのアユを観察して終わる。

IMG_0688_convert_20170822224753.jpg
IMG_0692_convert_20170822224833.jpg
IMG_0694_convert_20170822224914.jpg
観察の終えた魚たちを皆で放流。お名残惜しそうに、バケツから少しづつ・・・・。

IMG_0695_convert_20170822224956.jpg
思い切ってなかなか魚と「さよなら」が出来ないようす。 ごみ拾い、魚とり体験、清瀬の川に魅力を感じて頂いたようす。
お疲れさまでした。

IMG_0697_convert_20170822225041.jpg
夏休み体験の一つとして、心に残ってくれるとうれしいのです。


スポンサーサイト



中里緑地散策

たまに林に入ると、そこは謎多きところ。

IMG_0536_convert_20170811212409.jpg
思いがけない所にカモメヅルの仲間でしょうか芽出しです。

IMG_0538_convert_20170811212551.jpg
こちらにも這っているのが見られる。綿毛の実がうまく着床?

IMG_0393_convert_20170811212452.jpg
何時も観察できるオオカモメズルの場所は、すでにガガイモ科特有の袋果を2個水平につけています。

IMG_0602_20170812010903d98.jpg
中里の林にエンコウカエデ? 葉柄が長く、細い葉は深く5裂、葉の先も細くとがる。でも鋸歯があります。
何カエデでしょう?

IMG_0580_convert_20170811212752.jpg
これも又見慣れない幼木。頂小葉が目立って小さい。対のように見える他の小葉も対生ではなくずれてついています。
(追記)調べたのですが、ムクロジ科のムクロジにたどり着く。林の中にムクロジは見られない。

*****************************************************************

IMG_0541_convert_20170811212317.jpg
8月8日の夕暮れ、東の空に見事な虹。 気づいたのが遅かった、すぐにスーと消えてしまう。

清瀬中里花だより キツネノカミソリとコバギボウシ が咲きました 

8月8日 今年は異常気象に合わせるように例年より開花が遅れ、今美しく咲いています。


IMG_0438_convert_20170808220659_201708082241520cf.jpg
IMG_0433_convert_20170808220400.jpg
IMG_0439.jpg
キツネノカミソリ(ヒガンバナ科) 花時に葉がないのはヒガンバナと一緒です。葉は2月に芽生え4月末には枯れてしまいます。
キツネノカミソリが咲くこの場所は、早春イチリンソウ・ニリンソウ・ヤマエンゴサクなどが群生する野草の宝庫です。



IMG_0421_convert_20170808220059.jpg
IMG_0528_convert_20170808221420.jpg
IMG_0530_convert_20170808221712.jpg
コバギボウシ(ユリ科) 清瀬では湿った林に多い多年草。白花が増えてきました。雨が少なかったせいか、花期が遅れ草丈も例年より伸びが悪いようです。

IMG_0503.jpg
ハグロソウ(キツネノマゴ科) 花冠は淡紅色で、上下唇に分かれて咲く、清瀬でも野塩・中里に咲く貴重な野草です。

IMG_0518_convert_20170808221043.jpg
ニガクサ(シソ科) 花は上唇がなく、下唇が大きく下に向いて咲きます。

IMG_0405_convert_20170808220003.jpg
ヒヨドリバナ(キク科) 林床にパラパラと見られますが、こんなにまとまって咲くのはそんなに多くありません。

IMG_0516_convert_20170808221134.jpg
ワルナスビ(ナス科)北アメリカ原産の多年草。きっと広々とした草原に生え、動物に食べられまいと頑張っているのでしょうか、葉にも茎にも硬い棘があり手ごわい。痛い思いをしながら、抜いても抜いても根を伸ばして増えていく。
花だけ見るとなすの花に似てきれいなんですが・・・・。

空堀川のウシガエル み~つけた❣ (清瀬市)

8月4日 ウシガエルの鳴き声に橋から流れを見下ろす。このカエルが鳴いたのか、他にも草の下にいるのかわからない。いつもは鳴き声だけで姿を見るのは初めて。

IMG_0423_convert_20170804143151.jpg

IMG_0428_convert_20170804143739.jpg
下半身は水の中、何を食べて太っているのかな。お近くにお住いのM監督さんは、お庭の池に棲むウシガエルが蛇を呑み込んでいるのをご覧になっている。そんなときのお気持ちを聞きそびれた❣  想像しただけでトラウマになってしまいそう。