FC2ブログ

記録的初雪(平成28年11月24日)

「11月の積雪は東京都心では観測史上初」との事。夕方やっとこ部屋から出て外の景色を見に行く。

IMG_5243_convert_20161125230010.jpg
柳原橋の錆びた欄干の上

IMG_5260_convert_20161125230349.jpg
梅坂橋下流を見る

IMG_5262_convert_20161125230254.jpg
梅坂橋上流

IMG_5265_convert_20161125230427.jpg
畑の雪

IMG_5240_convert_20161125230535.jpg
植込みの雪

近年降雪そのものが珍しくなってしまったように思う。11月の初雪、これからどうなるのでしょう。


スポンサーサイト



川越街道下流の柳瀬川(小さな小さな旅)

11月23日(日・祝) 穏やかな前日に比べどんよりと曇り、冷たい強風。
川越街道を超えると柳瀬川下流は一気に河川敷が広くなります。流れの両側は手入れされた運動場にもなり得る高水敷です。階段がなくともどこからでも高水敷きに降りられます。今は流れの両側にススキのほうけた晩秋の景色です。

281123譟ウ轢ャ蟾昜ク区オ∝ソ玲惠_(6)_convert_20161124105736
柳瀬川右岸を来て、交通量の多い川越街道に出ます。先ず街道を渡るのに、左右を見ても信号が見えません。橋を渡らずに歩道を右に進みました。行けども行けども信号がない。やっと信号を渡り、柳瀬川への近道をしようと住宅地に入り、左へ曲がりながら進む。これは大きな間違い、橋を左岸に渡ると下流に繋がる地下トンネルがあることを帰りに見つけました。

281123譟ウ轢ャ蟾晏キ晁カ願。鈴%_convert_20161124103805
しばらく進むと「ふれあい橋」です。橋の手前で冷たい風の中、農家さんが秋野菜を販売。

IMG_5173_convert_20161124105506.jpg
IMG_5171_convert_20161124124312.jpg
橋の向こう側が見渡せない、長い長い橋です。見晴らしの良いバルコニーが2か所、歩行者用の橋です。橋の脇には立派な橋名が立っています。

IMG_5169_convert_20161124124943_20161124204821d6e.jpg

IMG_5170_convert_20161124105221.jpg
大きな木の根が堰の前につかえています。

IMG_5193_convert_20161124125145_20161124204803e42.jpg
ごみ一つ落ちていない河川敷、橋の上から眺めていると1人の男性が草の茂みからごみ拾いをしながら歩いていらっしゃいました。

281123譟ウ轢ャ蟾晏ソ玲惠縺翫♀讖祇convert_20161124110059
盛んであった舟運の時代を思わせるベンチ。ちょこんと座って志木大橋を眺めます。
近くの体育館の看板につられて、ドアーを少し開けて覗いてみました。広いロビーの奥に多くの人々が健康器具に乗り頑張っていました。10人・20人の小・中学生の姿も見えました。
中に入る時間はなく早々に川に引き返しました。

IMG_5194_convert_20161124110004.jpg
所沢崖線、清瀬崖線の間を流れる清瀬分は、ほとんどが掘り込み河川、志木に入ると柳瀬川は土手を作り両側にある高層ビルや住宅が土手の下に見られ、土手下には桜並木がありヒガンバナが植栽されていました。

IMG_5176_convert_20161124110300.jpg
沢山の堰があり、本流に合流水量を増やしているようです。

281123譟ウ轢ャ蟾昜ク区オ∝ソ玲惠_(1)_convert_20161125120454
この堰は土手外に分流されています。厳重に管理されてい、金網がかけられよく見えませんが、相当深く早い流れです。
土手外を覗いても川の流れが見えません。ビルの連続です。暗渠になっているのでしょうか。河川の占有許可表示はされていますがそれ以上の説明はありません。これも分流の一つの形でしょうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

繧ィ繧ウ繝シ蠢玲惠縺ョ逧・&繧・81123_convert_20161124110538
柳瀬川駅から上流に歩いてこられた、エコシティ志木の皆様、清瀬橋上流で。

今日は柳瀬川の説明を伺う絶好のチャンスでしたが、❓❓❓を残してまたの機会を待ちます。

野塩八幡様あきまつり

11月3日(日)例年の八幡様の秋祭り。
お社は今、100年目にして建て替え中。 ご神体は仮のお社にお祀りされています。農家から奉納された多くの野菜は開場間もなく売り切れ。

IMG_5105.jpg
ささやかなPR

IMG_5115_convert_20161115213809.jpg
毎年のことながら、消防団の皆さんが、・・・入り口、出口に立って下さる。

IMG_5107_convert_20161115213101.jpg

IMG_5108_convert_20161115213141.jpg


IMG_5110_convert_20161115213322.jpg
特設レストラン 大鍋で造られる芋煮は毎年人気 1杯200円で、大きなサトイモ・大根・こんにゃく・・etc.

IMG_5118_convert_20161115223711.jpg
お社の基礎が出来上がっています。この基礎の上にこれからの長い歴史を刻むお社が、棟梁のすごい思いで完成されるのでしょう。間近に見つめられること楽しみです。

IMG_5113_convert_20161115213432.jpg
出来上がったらお社の中に納まる、ご神体の安置殿。


初めての寒い日 きよせ子供まつり

10月30日 今年初めての寒い日、沢山の子供達が集う子供まつり、川づくり・清瀬の会は柳瀬川の魚展示。

IMG_5024_convert_20161113230842.jpg
子どもたちは朝から元気、わっしょい わっしょい 楽しそう。

IMG_5067_convert_20161113231030.jpg

IMG_5053_convert_20161113233638.jpg

IMG_5064_convert_20161113231111.jpg

IMG_5048_convert_20161113230933.jpg
校庭一杯、子供たちを楽しませようと、様々の出し物が続きます。

IMG_5040_convert_20161113231235.jpg

IMG_5073_convert_20161113233330.jpg
私たちの素敵なお仲間さん、早く大きくなってくださいね。

IMG_5092_convert_20161113233749.jpg
本日の担当者 寒かったですね。午後2時過ぎ閉会です。魚も川へ、私たちも暖かい家に急ぎます。
K・Sさんは80歳。年なんて関係なさそう。当会を元気に引っ張って下さいます。

清瀬金山緑地公園 池の生きもの調査と外来種駆除 (川づくり・清瀬の会)

清瀬市立金山緑地公園は、柳瀬川に沿う清瀬市で一番大きい約2haの自然公園です。元は田を主体とする農地に、武蔵野の風景を感じられるよう植樹をし、3.172㎡の池を設置、昭和61年5月に開設されました。
この池は柳瀬川とはつながらず、地下水を循環、魚の放流とつりは禁止されています。
これまで、コイやミシシピーアカミミガメの姿が多く見られましたのでたれかが放流したものと思われます。夏はオニヤンマ・ギンヤンマ・チョウトンボ・コシアキトンボ・赤とんぼの仲間など多くとんでいます。
当会は、今年8月11日初めてタモアミによる調査を行ってみました。その結果オオクチバス・ブルーギルが主体の外来種の多さに驚きました。
改めて、10月17日農業用のあみを定置網風に縫いあわせ、10月26日、清瀬市水と緑の公園課4名、多摩六都科学館3名、西武漁協佐藤氏皆様の応援を頂いて生き物調査を行ってみました。

281026縲€驥大アア邱大慍螟匁擂遞ョ鬧・勁_convert_20161103212842
先ず縫いとめた網を広げ、矢島氏提供の鉄パイプを重りに、1ℓのペットボトルを浮代わりにつけました。

IMG_4957_convert_20161103213048.jpg
広げ持っている袋状の中央を目指して棒や一列に並んだ皆さんで追い込みます。

IMG_4961_convert_20161103213159.jpg

IMG_4968_convert_20161103213336.jpg
追い込んだのち網を狭めて魚の捕獲です。

IMG_4990_convert_20161103214227.jpg
岸辺のガマなどの群生地にほとんど逃げ込んでしまう感じです。

IMG_4964_convert_20161103213505.jpg
今回は手作り網の有効性、改良点などの試験的な調査です。かなり池底暑く積もるヘドロで力ある大型の魚は逃げてしまいました。(追い込み人の足に当たり、大体の大きさが予測されます)

IMG_4977_convert_20161103213746.jpg

IMG_4986_convert_20161103213548.jpg
オオクチバス(ブラックバス)

281026縲€驥大アア蜈ャ蝨偵ヶ繝ォ繝シ繧ョ繝ォ鬧・勁_convert_20161103212738
ブルーギル

◆捕獲されたもの
コイ:65cm 1    オイカワ:7㎝ 1     フナ:4㎝ 4  30㎝ 6   
オオクチバス:11㎝ 2  8㎝ 1  7㎝ 3
ブルーギル:11㎝ 3  10㎝ 1  9㎝ 4  7cm 1  4㎝ 2  3㎝ 9 (タモアミ・投網も使用)
ミシシッピイアカミミガメ:40㎝ 1

◆ポンプ以外水嵩を減らす事の出来ない池、ヘドロの厚さ、池底にかなり大きな石もあり一定ではない 等を考慮した網の改良をしながら、定期的に調査の必要を実感。
かなり水深があり、ご参加くださいました皆様大変お疲れになられたことと思います。