FC2ブログ

清瀬市有林「野塩崖線斜面林」維持管理作業

野塩崖線市有林、急斜面で年々手入れが大変になります。2年前自生木を間引いて以来、昨年の自生木、ベニガシワ・ヌルデ・エノキ・ムクノキ・ケヤキ・ヤマグワ・タラノメ・シラカシなど無数に生え、1m程に育ち林床を暗くしていました。今日は緑地公園課にお願いして、一緒に自生幼木伐採と笹刈りを致しました。まだイカリソウが咲き、沢山のヤマユリ・ヒトリシズカ・カントウカンアオイ・ヤクシソウ・シラスゲ等が出てきました。

IMG_0450_convert_20160426223703.jpg

IMG_0451_convert_20160426223748.jpg

IMG_0455_convert_20160426223837.jpg



すっきりした林になりました。

IMG_0478.jpg

IMG_0472_convert_20160426224046.jpg

IMG_0479_convert_20160426224741.jpg

IMG_0473_convert_20160426224627_201604272225530d8.jpg
IMG_0474.jpg
沢山のヤマユリが出てきました。 

スポンサーサイト



柳瀬川松戸橋(所沢市)アユの稚魚放流( 柳瀬川をきれいにする会主催) 

4月24日小雨の中所沢市松戸橋の下にアユ放流。4~5㎝から7㎝ほどと育ちはまちまち。

IMG_0409_convert_20160424205826.jpg
アユ到着を待ちます。

IMG_0415_convert_20160424205933.jpg
藤井さんの車でアユ到着

IMG_0427_convert_20160424210916.jpg

IMG_0426.jpg
放流の頃には雨も上がり、放たれたアユは元気に遡上。

IMG_0413_convert_20160424205701.jpg
IMG_0414_convert_20160424205738.jpg
護岸上にはナガミヒナゲシが密生。在来種の芽出しをおさえてしまっている様子。


清瀬野塩崖線市有林の春

2010年2月に、孟宗竹林を伐栽、数本のコナラ・クヌギを植栽、幼い苗は下草刈りの時刈られて今5本が残っている。それ以外は実生が間引きされながら林を形成。エノキ・ムクノキ・コブシ・ムラサキシキブ・ゴンズイ・ベニガシワ等が、伐採時に残された「イヌザクラ・クヌギ」の古木2本の足元に育っている。400㎡程の急斜面林は、かつての植生を再生してきている。
特に、ヤクシソウは希少種、中里と同じように早春植物も豊かです。明るく日の入る林は、くず・笹が繁茂。時間の有る時には調査を兼ねて手入れをしています。

IMG_0331_convert_20160417222940.jpg
初めてつぼみをつけたカザグルマ(キンポウゲ科) 清瀬のカザグルマは白花です。

IMG_0338_convert_20160417121530.jpg
IMG_0341_convert_20160417121609.jpg
林床が明るくなる「ミツバツチグリ」バラ科 花の大きさ1.5~2㎝、葉は3小葉からなり、伸ばした枝につく葉は少し小さい。 

IMG_0272_convert_20160417120852.jpg
マルバスミレ(スミレ科)

IMG_0336_convert_20160417121314.jpg
IMG_0315_convert_20160417121442.jpg
タチツボスミレ

IMG_0346_convert_20160417121717.jpgIMG_0344_convert_20160417121647.jpg
カタクリ(ユリ科)花は終わりましたが多くの種子が見られます。

IMG_0354_convert_20160417121756.jpg
IMG_0355_convert_20160417121828.jpg
イカリソウ(メギ科)

IMG_0366_convert_20160417122056.jpg
ニリンソウ(キンポウゲ科)

IMG_0364_convert_20160417122017.jpg
孟宗竹林を伐採してすでに6年目、まだ多くの切り株が土に戻らず残ります。となりはヤクシソウの芽出し。

IMG_0348.jpg IMG_0349.jpg
残ってしまった竹の傍に、2㎝くらいのタケノコが出ました。生命力の強さに驚く。

IMG_0342.jpg
ソバナ(キキョウ科)

ヤマユリ・ヤブコウジの他クマヤナギ・フジ・ヒヨドリジョウゴ・サルトリイバラ・シオデ・ヤマノイモなどのつるの仲間が柵に絡みつきます。


堀之内妙法寺

快晴に恵まれた12日 兄の100ケ日の墓参。八重桜が咲き始め、藤棚は⒑㎝ほどの花穂がたくさんでていました。
墓地はたくさんの花木やアジサイが植栽され、気持ちの良い新緑でした。

IMG_0230.jpg
風格ある桜の古木 歴史を感じる銘木の多い寺です。

IMG_0243.jpg

IMG_0235.jpg

IMG_0228.jpg

IMG_0224_convert_20160414002827.jpg

IMG_0242_convert_20160414003021.jpg

IMG_0240_convert_20160414003202.jpg

柳瀬川・空堀川新合流点工事 の今

合流点の落差工は4月に入り全体の姿を現しました。曇天や雨天が多く、流量は少ないですが止まらずに流れています。毎年今頃、空堀川に多くのマルタウグイが遡上産卵するが、今年は上がってこない。工事完成後の来年はどうだろう。関心を持って見てみましょう。緩やかな深み(淵)と瀬がなくては多くの生き物を阻んでしまう。

IMG_0156_convert_20160413175813.jpg
1段ごとにプールができています。

149-04+2016-04-04+16-46-53_convert_20160413182347.jpg
落差工上の石を詰めたかごマットは覆土されました。

IMG_0210_convert_20160413180216.jpg
上流左岸から落差工を写しました。管理者の予想図面では左右の丸石を敷き詰めた高水敷は、草本が生えて緑色をしていました。河川管理者の予想通り早く緑で包まれるよう待ってみましょう。

IMG_2830_convert_20160413183006.jpg
旧柳瀬川分水工、対岸は深くえぐられています。予想通りの影響を与えています。

IMG_2518_convert_20160413181303.jpg
一杯に伸びていた河畔林の根はどうしたのだろうか。切り払われていなければ良いが…。


28年度以降の整備計画

149-04+2016-04-04+16-30-29_convert_20160413182744.jpg
柳瀬川廃河川と旧清瀬橋約法面を入れて6,000㎡ 水辺と緑が形作られます。

IMG_0093_convert_20160413175910.jpg
柳瀬川落差工で遡上の魚を啄ばむコサギ。

カタクリの後に咲くイカリソウ

IMG_0215_convert_20160413180613.jpg

IMG_0217_convert_20160413180700.jpg

IMG_0218_convert_20160413180731.jpg

清瀬市の桜

4月4日 清瀬水再生センターの桜まつり 朝から雨。
この日は近くのセンターから応援の職員さんもいらして用意万端、センターの見事な桜並木を散策頂いたり、職員さんの懇切なご説明により施設案内もあります。 汚水を浄化するために一役買っている活性汚泥の動物性プランクトンの顕微鏡観察、近隣市民のために、敷地内に併設されたビオトープの観察等、来場者には楽しく学び、散策できる貴重な開放日です。

幸いなことに間もなく雨はやみ、青空にはなりませんが大勢の皆様がお見えになりました。
今年の特徴、PCをご覧になり遠路の入場者が多かったこと。情報発信の有効性を確信しました。
センター長はじめ職員皆様の、稼働させながらもてなしを頂ける1日です。
私たちに、下水道管を良い状態に保ちながら汚水を配送し、またより良い処理水を河川に放流するために、利用者は台所の汚れ物からまず油や残渣を拭き取ることを生活習慣にしたい❣  というようなことを教えてくださいます。どうぞ汚水処理施設、水再生センターをお訪ね下さい。
グループ見学の申し込みは 都清瀬水再生センター 040-494-1451 
次は7月の夏祭りです。


IMG_0039.jpg
放流口を上から見下ろす

IMG_0041_convert_20160409205243.jpg
都水再生センター柳瀬川への放流水

IMG_0047_convert_20160409205434.jpg
暗い空で残念ですが 水再生センター柳瀬川に添う桜並木 

IMG_0088_convert_20160409205619.jpg



IMG_0203.jpg
ムラサキケマン(ケシ科)

IMG_0194.jpg
林床に咲くヤマエンゴサク(ケシ科)

IMG_0186.jpg

IMG_0184.jpg
ジロボーエンゴサク(ケシ科)

IMG_0200_convert_20160409210515.jpg
イチリンソウ(キンポウゲ科) ニリンソウ共に見頃です

IMG_0197_convert_20160409210602.jpg
ヒメニラ(ユリ科)

IMG_0140_convert_20160409205727.jpg
レンプクソウ(レンプクソウ科)別名ゴリンバナ 柳瀬川に添う林の縁に咲きます。