FC2ブログ

お隣さんのスズメバチ 清瀬市野塩

お隣さんの引き込み電線にコガタスズメバチでしょうか、出たり入ったりの観察が我が家のベランダからできます。

IMG_4769_convert_20140729123751.jpg
美しい文様が出来上がりました

IMG_4763_convert_20140729123859_20140729124416914.jpg
門番さんでしょう、いつもこちらを見ています。

IMG_4763_convert_20140729123859.jpg
このお暑さ、裏の日かげに営巣したら少しは凌ぎやすいでしょうに、 スズメバチの勝手、大きなお世話でした。

IMG_4765_convert_20140729124101.jpg
お仲間がご出勤時は入れ替えがあって少し賑わい、すぐに元の静けさに戻ります。

スポンサーサイト



明日<7月26日(土)>は清瀬環境・川まつり

清瀬環境・川まつり 7月26日(土) 雨天決行 10時から
場所;清瀬市台田団地前運動広場 (桜並木の遊具があるところです)
どうしたら環境にやさしい暮らしができるのでしょうか? どうしたら地球の資源を大事に使うことができるのでしょう?
さまざまな環境問題をみんなで考え、日常実践していることを話し合いませんか。
省エネのこと、ごみ減量のこと、そして緑の大切さについて (樹木のCO2吸収測定も行います。お子さんとご一緒にご参加ください) 川づくり・清瀬の会は、柳瀬川の魚、アユやオイカワなど多くの魚をミニ展示をします。
晴れであれば大勢の子供たちが元気に川遊びをしています。遊びながら、清瀬の川の魅力、そして水の危険も学びます。
桜並木の心地よい木陰にどうぞお出かけください。
 (詳しくは、清瀬市のホームページをご覧ください)

7月25日午後4時会場の水質 立会い:川づくり・清瀬の会幹事  
25日4時現在 (川まつり会場) 24日の降雨の影響もなく、透明度・水質ともに良好でした。
     気 温: 35度    NO2ーN(亜硝酸態窒素):0.005㎎/L(ppm)
     水 温; 23度    NH4-N(アンモニア態窒素):0.2㎎/L
     水 深; 26日早朝調整   PH;7
     COD(D):2㎎/L(ppm)    EC(電気伝導度):180



IMG_4655_convert_20140726000554.jpg
川まつり会場です 子供たちの元気いっぱいの声が聞かれます。

IMG_4653_convert_20140726000707.jpg
明日早朝水深調節をするばかりです。

IMG_4654_convert_20140726000816_20140726002008925.jpg
水質調査後子供たちが行き来する階段の草むしり。たまたま鎌を持っていたので少し手伝い。

IMG_4650_convert_20140726000924.jpg
なんとなんと草の中からセスジスズメ(スズメガの仲間)の幼虫が出てきました。雑多な草が茂っていたのですが、その中に食草があったのでしょう。土手上の草むらに避難させました。

野塩八幡様の植物 (清瀬市)

野塩八幡様のお社左の草地には古くからつながる植生があります。
清瀬には珍しいヒトツバハギ(トウダイグサ科)がかなりの本数見られます。関東以西~四国・九州に生える落葉低木。

IMG_4524ff.jpg
ヒトツバハギ雌株(雌雄異株)

IMG_4457ff.jpg
ケキツネノボタン(キク科)

ffIMG_4326
アキノタムラソウ(シソ科)

IMG_4530.jpg
ウバユリ(ユリ科)の花がほころびました。

IMG_4372.jpg
ノカンゾウ(ユリ科)

IMG_4510ff.jpg
ヤマユリ(ユリ科)

IMG_4321_convert_0140717221542.jpgIMG_4320_convert_20140717010259.jpg
コバノカモメズル(ガガイモ科)

IMG_4514ff.jpg
IMG_4518.jpg
イヌゴマ(シソ科)

IMG_4445ff.jpg
ヤヴガラシにつく ブドースズメの幼虫

この草原には、センニンソウ・エビヅル・ノブドウ・アオツヅラフジ・アカネなど無数につるが絡み合いその間からイヌゴマが咲く。

清瀬下宿ビオトープ夏景色 その2

清瀬下宿ビオトープは樹木・草本・水面がほぼ安定したバランスで散策しやすくなっています。
それは、地権者である都清瀬水再生センターの職員さん、清瀬市役所生涯学習課の皆様が、ボランティア団体ビオトープを育む会の皆様と共に、暑いとき・寒いときに拘わらず計画的に維持管理作業を行っている成果だと思います。


IMG_4091_convert_20140711002359.jpg
ネムノキの花咲くビオトープです。

IMG_4050fff_2014071122114140f.jpg
池のほとりにはイネ科・カヤツリクサ科・キク科植物が多く、今日は増えすぎたガマの整理をして、水面と緑のバランスをとります。

IMG_4054_convert_20140711185241_2014071122075966d.jpg

IMG_4057_convert_20140711185337.jpg
水の中の作業は重労働です。水再生センター皆様のお若さに助けられます。

IMG_4060_convert_20140711185627.jpg

IMG_4072_convert_20140711190039_20140711221050c45.jpg

IMG_4073_convert_20140711185854.jpg
今年は睡蓮・ハス共々よい花をつけてくれます。子供たちは、この2種の違いにどう気づくでしょう。

IMG_4081_convert_20140711223638.jpg
お疲れさまでした。


7月2日・3日の記録

IMG_4281_convert_20140706120539_20140706213858540.jpg

IMG_4279_convert_20140706120502.jpg

IMG_4285_convert_20140706214117.jpg

IMG_4290_convert_20140706235956.jpg


夏を迎えた下宿ビオトープ

清瀬市を流れる柳瀬川のほぼ下流、新座市との境界にある清瀬下宿ビオトープ。
水と緑の美しい景観が保たれたビオトープは、子供たちの心を虜にする野草やトンボ・チョウ、魚やザリガニなど豊かな生態がの増しています。


IMG_4076_convert_20140710220111.jpg
いつの間にか、池ではオイカワがはね、オニヤンマ・シカラトンボの姿が見られます

IMG_4392_convert_20140710215113.jpg
リョウブ・ネムノキの花が今の季節池のほとりを飾っています。
IMG_4380_convert_20140711002813.jpg
今年の古代ハスは見事、大輪が見られます。

hasu.jpg
hasu2.jpg
蓮の花は子供たちの学習の間は咲き、手足を洗いお帰りのころつぼみ始めます。

IMG_4201_convert_20140707162206.jpg
IMG_4200_convert_20140710215609.jpg
草原にモンシロチョウやモンキチョウなどと見られるコミスジ(タテハチョウ科)

IMG_4192_convert_20140707162251.jpg
ウマノスズクサを食草とするジャコウアゲハ、ユズなどにつくアゲハチョウ・クロアゲハが蜜を求めて花の間を飛翔します。
IMG_4377_convert_<br />0140711015749.jpg
ビオトープを使って、春・夏・秋・冬の環境学習。

IMG_4388_convert_20140711015930.jpg
1学期の終わりともなると、見事な集中力と好奇心で3時間はあっという間に過ぎます。

IMG_4206_convert_20140707162128.jpg
4年生にとって、自然観察の後は池に入って自由遊び、ザリガニは大人気です。