FC2ブログ

川風の寒さは格別でした

2月27日 神流川(かんながわ)の川風は冷たく、震えながらの散策でした。

IMG_0307神流川_convert_20120229003950
水鳥は少なく、木立にエナガの群れが囀りながら飛び交っていました。

IMG_0328_福寿草convert_20120229005141
寒さに身をすくめたような フクジュソウ

IMG_0313マンサク_convert_20120229004508
花色の少ないとき、植栽されたマンサクにも惹かれます

IMG_0345欅の根_convert_20120229005435
石垣を包みコンクリに根を張るケヤキ? 樹の幹は緑の奥に隠れます。

IMG_0344欅の根_convert_20120229005319
神流川の崖線から散策路を見下ろすケヤキ

古木IMG_0352椿の_convert_20120229005641
埼玉県金鑚(かなさな)神社の古木 樹齢600年の椿


スポンサーサイト



空堀川の清掃  (川づくり・清瀬の会)

2月25日が雨のため26日実行。空堀川の清掃と、3月10日に植栽される空地の穴掘りと行事が重なり、忙しい1日でした。
今日は曇っていても風がなく、梅坂橋から上・下流に分かれて清掃です。

IMG空堀清掃_0256_convert_20120226225920
下里中のさかな君、東京マラソンの選手です。応援して下さい。

IMG_0267魚君_convert_20120226230745
ごみ拾いも早いけど、素手でさかなを取るのも早い。どじょう、モツゴ等があっという間に彼の手の中です。

空堀清掃IMG_0262_convert_20120226230425

IMG_0258小西さん親子_convert_20120226232320

IMG_0263_空堀清掃convert_20120226230552
福田さんは釣り名人。きれいな川で釣りをしたいと、お嬢さんと参加。

IMG_0255小西さんのお嬢さん_convert_20120226232728
今日もお母さんと一緒。いつもお掃除に参加の小西さんのお嬢さん

IMG_0281空堀清掃_convert_20120226230925
お掃除の後、正座でお汁粉を食べて下さる福田さんのお嬢さん

IMG_0282_清掃の後はお汁粉convert_20120226231049
お疲れ様でした。これから日毎に散策者の多くなる空堀川、さっぱりとしてお迎えできます。
有難うございました。
参加者:加瀬・田中・大谷夫妻・菅原夫妻・戸塚・丸松産業松崎社長・小西さん親娘・福田さん親娘・原・田島・大竹君の皆々様です




生き生きとした バードカービング 素敵ですよね

IMG_バードカービング0199_convert_20120225225811

バードカービング

IMG_0202バードカービング_convert_20120225230215

IMGバードカービング_0209_convert_20120225230428

IMGバードカービング__0210_convert_20120225230608

IMG_0213バードカービング__convert_20120225230736
この迫力は凄い

1つの木片から ササゴイ・モズ・フクロウ、カワセミ・ヤマセミ 素晴らしい、命を感じる多くの野鳥が展示されていました。木の葉や柿の実まで。清瀬市のアミューで頑張っていらっしゃる皆さんの作品です。


もうすぐ春  キチョウ(シロチョウ科)

IMG_0232キチョウ_convert_20120224002044
寒さの朝、ほんの少し春を感じさせる陽射しの庭に キチョウ (2月に飛来は初めて)





空堀川に沿う空地に樹木の植栽を行います  (川づくり・清瀬の会)

とてもお寒い毎日です。お変わりございませんか。
下記の要領で、清瀬市中里の空堀川に沿う1,000㎡の空き地に樹木の植栽を行います。
数え切れないほどの緑の恩恵を創出したいと思います。
宅地化の進む今、地主さんのご理解を得て行える、オオムラサキを招きたいという夢を持ったエノキ・コナラ・クヌギの植樹です。近隣の方ご参加下さいませ。


日 時:3月10日(土)午前9時から午後2時位 (雨天決行です)
集 合:清瀬市中里 空堀川三郷橋(明薬大東門前)右岸すぐそばの空き地 (おばけやまに繋がります)
持ち物:植栽作業に適した服装(汚れます) 芋煮用お椀とお箸
植樹協力者:清瀬市みどりと公園課・環境課
      清瀬第四中学校有志、市民有志の皆様 北多摩北部建設事務所有志の皆様
      (上記のご協力くださいます皆様は 9:30~12:00まで)
植栽樹木:エノキ・クヌギ・コナラ・コブシ等花木・ハンノキ少数本
    クヌギ・コナラはみどりと公園課で、腐葉土を環境課がご用意くださいます。
    エノキは、記念植樹としてご協力くださいます多数の皆様からのものです。
    エノキ1m位の苗1本600円 今50本を超えるご協力を頂いています。

  エノキ(ニレ科)は日本の国蝶オオムラサキの他ゴマダラチョウ・アカボシゴマダラ・テングチョウ(タテハチョウの仲間)の食樹です。特に美しいオオムラサキ等は、エノキの根方に積もる落ち葉の裏にしがみついて冬を越します。エノキの落ち葉が根元に残るような場所に植栽する必要があります。植栽後の経年植生調査と共に、皆様からお預かりしたエノキ他、川づくり・清瀬の会が大事に見守って参ります。



1IMG_0216中里空き地_convert_20120218013141
植栽現場 今が移植の最適なとき、根が水を上げる春までに終わらせます。

IMG_0217_中里空き地2convert_20120218013310
空堀川管理通路側です。この通路はすぐに「せせらぎ公園」です

IMG_0144中里空き地_convert_20120218005858
右に見えます建物は、空堀川を隔てた明治薬科大学です (2月5日かすかに雪の残る空地)

IMG_0222中里空き地_convert_20120218013450
自動車道隔てた右側、約240平方は1月28日「清瀬の自然を守る会」によってクヌギ・コナラが植栽済みです。どちらもカタクリ群生地植生豊かな東京都緑地保全地域A地区に繋がります。

クヌギのほだ木にしいたけ菌のコマうち (台田の杜)

小間うちIMG_0105_convert_20120213023905
1月24日清瀬市台田の杜の旱魃材、クヌギ・コナラにしいたけのコマを打ち込みました。


ドリルで穴を開ける人、とんかちで穴に駒をつめる人。流れ作業です。しいたけ駒うちIMG_0109_convert_20120213024650

IMG_0115_駒うちconvert_20120213025614

IMG_0110_こまうちconvert_20120213025009
寒さに凍える手で、2時間くらい打ちました、クヌギのほだ木も一山できました。来年秋を待ちましょう。

IMG_0119代田の杜石碑convert_20120213030343
台田の杜の石碑です




今年度最後の環境学習 清瀬市下宿ビオトープ

2月3日と10日 青空のもと冬のビオトープ自然観察です。
春から始まり、冬の観察まで四季を経て1年間、自然を見つめる目の確かさ、自分で見つけようとする積極性に子供たちの大きな成長が伺え楽しみでもあり喜びの1日です。


清明小IMG_0161_convert_20120210235322
9:00 校長先生に引率され到着の4年生

IMG_0165_環境学習convert_20120210235805
冬芽の観察をしながら、野鳥の巣・蜘蛛・ナナホシテントウ・カマキリ、ハラビロカマキリの卵のうなど次々見つけてゆきます。

IMG_0168自然観察_convert_20120211000019
3時間の自然と水辺の校外学習は退屈をすることなく過ぎてしまう。

IMG_0169ぎしぎしロゼット_convert_20120211001935 IMG_0239ぎしぎしの根_convert_20120211002138
「あっ! ごぼうの匂いがする」 ギシギシのロゼットと自分たちで掘り出した根。

IMG_0236_アレチマツヨイグサonvert_20120211002824 IMG_0241アレチマツヨイグサの根_convert_20120211003206
アレチマツヨイグサと根 地中深く根をはる草、ヘラオオバコのようにひげ根をたくさん出す草など見つけます。

IMG_0250休憩時間_convert_20120211010930

温度調べIMG_0167_convert_20120211011202
気温を調べ、地下水や池の水、近くに流れる柳瀬川の水温も計る4年生。

IMG_0249ビオトープの子供たち_convert_20120211005134

IMG_0175感想文のプレゼント_convert_20120211005504
最後に1年間の素晴らしい、自然学習・ビオトープの感想文をいただきました。
物忘れのひどくなるこの頃、見違えるような成長の子供たちが輝いて見えます。

こうしIMG_0159_convert_20120211011857
今日の講師:田中・望月・坂間・徳善・熊久保・大谷・宮澤  
都清瀬水再生センター長 原田氏



農地の宅地化

IMG_1190宅地化_convert_20120209232348
農家に相続が起きると、農地や雑木林がミニ開発されあっという間に景色が変わります。とても残念ですが市内のあちこちで見慣れてしまった風景です。

IMG_0225宅地化_convert_20120209233455
大きな機械が入り、少しの間に土の畑道が拡幅され、舗装されます。 

IMG_0232下水溝_convert_20120209233808 IMG_0233げすいこう_convert_20120209234014
雨水口の蓋です。清瀬市のシンボルマーク   清瀬市の木は欅とサザンカです。
 
       IMG_0235_convert_下水溝20120209234417
清瀬市の鳥、おながです。杖の先などが入り事故のないよう細かな目に工夫されているようです。
真新しい下水口の蓋ですが、霜解けで泥んこです。

ビオトープの鯉  清瀬市下宿

IMG_0025_ビオトープconvert_20120206000117
この小さな池に鯉が放たれて3年 池の小魚を食べてとうとう40㎝を超えてしまいました。
この池には、アオサギ・コサギ・カワセミ・カワウまでわずかな魚を目当てに飛来します。

IMG_0031ビオトープのこい_convert_20120206223049
寒さに震える早朝、投網の名人増田氏矢島氏にお出で頂き鯉の捕獲引っ越し作戦です。

IMG_0042コイほかく_convert_20120206224234
賢い鯉に気付かれないよう芒の陰から狙い、2匹とも投網へ。でも1匹は脱出。

こいIMG_0052_convert_20120206225108 IMG_0069こいconvert_20120206225410
輝くような美しい鱗の鯉です。

IMG_0072_ドイツゴイconvert_20120206225836
大きな鱗の外来種でしょうか? 誰か飼っていた鯉を放したのでしょう。
河川や池に安易に、飼育魚を放すのは迷惑です。

IMG_0083こい_convert_20120206230538 IMG_0089_こいconvert_20120206230747
初めて間近で鯉を観察しました。種類は違ってもいつも一緒に仲良く泳いでいました。

IMG_0103_あずきconvert_20120206231514
鯉の捕獲をおとなしく待つ、矢島さんの「あずき」2歳

IMG_0110こいほかく_convert_20120206231952
何回か挑戦して、今日は大成功。ほっとして一服。お疲れ様でした。