FC2ブログ

川づくり・清瀬の会 環境フェアの1日

前日から、小・中学生の作品展示の作業、そして午後から当会展示用魚とり、柳瀬川の河川清掃、パネルつくり、目の回るような忙しさでした。会員皆様ありがとうございました。

006環境フェア211_convert_20110531101811
川づくり・清瀬の会(市長・議長も最初からの会員さんです)まず市長に表彰状を持っていただいて。
そして、今日の強力な助っ人、社事大のボランテァグループ、サンサンサン のはつらつとした皆様。


008環境フェア211_convert_20110531111245
中澤企画部長様、森田新議長さま、清瀬市街づくりのために大変なご尽力、深く御礼申し上げます。
右の澁谷市議さんは、斉藤(実)市議さん・山下都議さん共に体格優良児トリオ。十数年来川まつりには欠かせないかたです。流れの上・中・下に陣取り、子供たちの安全を見守ってくださる大事なプロポーション。子供たちの安全確保頼りにさせていただいています。子供たちの未来を見据えて都・市議活動、ありがたいと思います。


053丸松さん_convert_20110531115223
サンサンサン社会福祉を目指す、大学生、忙しい活動の合間で参加です。

067星野市長来場_convert_20110531115846
前期の清瀬市長星野氏 少しはご休養されましたでしょうか、はつらつとしてご来場、みんなうれしくなりました。

さん050丸松_convert_20110531121005
ここは川仲間の丸松さん、いつも子供たちで一杯です。でも…でも、環境リサイクルクイズ難しかった!勉強になりました。

059_魚展示onvert_20110531121803
矢島さん・増田さんが早朝捕ってきて下さいました、柳瀬川の魚たちです。元気のまま川へ戻しました。

056お昼の集い_convert_20110531122427
青空の下で昼食、これまで外で食事なんてできませんでした。 なのに、この後、朝からの雨をまとめていたような大降り。 あーぁ  お疲れ様でした。
スポンサーサイト



野塩崖線市有林管理作業  始めて見つけたカモメズルの仲間

やっと時間を見つけて、気になっていた野塩崖線市有林を見に行く。
やっぱりわずかな時で藪になってしまう。その中で、たくさんの虫に会い、今日始めて確認の野草にうれしくなる。徐々に本来の植生に戻るのだろうか

033野塩崖線_convert_20110530183741
先ずは草を刈らなければ近寄れない

野塩崖線051_convert_20110530184022
今が一番成長のとき、藪になったからといって驚くほどのことでもないが…。

035野塩崖線藪_convert_20110530184429
中もそれなりに藪・やぶ・ヤブ  刈り込むしかない。入り口から刈らなければ入れない。

017イボタ_convert_20110530185049
イボタノキの花が虫を呼びます

ミツバチ009イボタと_convert_20110530185406
ミツバチ

016_イボタと虫convert_20110530185558

026_オオミズアオオスconvert_20110530185756
疲れきって、もう帰ろうかと思うと[もう少し頑張れば!] とすばらしい出会いのプレゼント。
まだ羽化して間なしでしょうか、まことに美しい 
<オオミズアオ>♂ヤママユガ科 おおよそ10cm この市有林の王様。

023_オオミズアオconvert_20110530210553
葉陰のオオミズアオ 葉のみどりを写してきれいです。

021オオミズアオ_convert_20110530211144
動いていないようで、目を離すと少し動いています。

038クマヤナギ_convert_20110530220511 036_フタリシズカconvert_20110530222115
クマヤナギ(クロウメモドキ科クマヤナギ属) 野塩の崖線に大木があったのに切られたのか最近見ない。
(右)フタリシズカ(センリョウ科)ここでは始めて確認。

044コバノカモメズル_convert_20110530223126 048ドクダミの花_convert_20110530223301
これも今日始めて確認するカモメズルの仲間(ガガイモ科)やっぱり胸がときめく。
(右)はドクダミの花(ドクダミ科)どくだみの花は変形が多く面白い。普通は4枚の白い花弁に見える総苞片。ここのドクダミには総苞片に小さな4枚のおまけがついている。これも今日始めて確認。

今日は手元が見えなくなるくらい頑張ったんだけど,そうそう時間がない、どうしよう! 黒田土木さま、竹の残りと柵の周りをお手すきの折に刈って頂けますでしょうか? ヤマユリ・イカリソウ・ジュウニヒトエ・ヤクシソウ・ソバナ・ヤマホトトギス・ヒヨドリバナ・シュンラン等々残さなくてはならない草たちです。


環境フェアご出展の皆様ありがとうございました (2011環境フェア清瀬)

第3回まで雨天、威厳のない実行委員長 ただひたすらお天気になりますよう祈りましたが、やっぱり午後は雨でした。

002市長挨拶_convert_20110529093912 003森田議長_convert_20110529100626
環境フェア開会式 渋谷新市長 森田新市議会議長お二方からのご挨拶です。

019フェア会場__convert_20110529102106 024フェア会場__convert_20110529102636

014_フェア会場_convert_20110529101730 016_convertフェア会場_20110529101938

020_フェア会場_convert_20110529102331 021フェア会場__convert_20110529102440

026_フェア会場_convert_20110529102759 031フェア会場_convert_20110529103417

032フェア会場__convert_20110529103541 011フェア会場_convert_20110529101419




明治薬科大は、オゾン層の破壊、紫外線による健康被害の警鐘です。

048_明薬大convert_20110529104626
044明薬大_convert_20110529104253
041明薬科大_convert_20110529103928
043明薬大_convert_20110529104043
展示の1部です。多くの市民が学ばせていただきました。

039オーシャンズ_convert_20110529103725
生命の飛ぶ空 {オーシャンズ}から
ご出展くださいました皆々様、本当にありがとうございました

柳瀬川合流点2度めの測量

5月26日 2度目の測量を行いました。足場が悪く悪戦苦闘です。以下2コマを昨夜下書きしたのですが、公開になっていました。追記をさせていただきます。
汗ばむほど蒸し暑い日でしたが、川に入るととたんに川風が涼しく、上着を重ねないと寒いほどでした。
前回は4月25日、まだ河畔林の芽吹きも始まったばかり、桜が咲いていました。その続きの大陽園保育さんの裏から、昨夏の大雨で洗堀され、補修間もない箇所です。

003_柳瀬測量convert_20110528012609
川面に河畔林が写り、実に美しい

004測量_convert_20110528013047
葉が茂り、しばしば枝を上げ見通しをつくりながらの作業です。

006柳瀬の測量_convert_20110528093451
この護岸に新たな芽生えが期待されます。

009柳瀬ごみ拾い_convert_20110528094313
最後はやっぱりごみ拾い。

013_suikazura convert_20110528095147
岸辺に咲くスイカズラ(スイカズラ科)河畔林に巻きつくつる性の小低木。咲き始めの花は白色、後に黄色に変色。2個づつ並んでつく花は、上下2唇に別れ、上唇は巾が広く先が浅く4裂。下唇は裂けず細長い。独特の強い香りを放つ.

018スイカズラゥUP_convert_20110528101249 007_ケムシとトカエアスノエンドウonvert_20110528094934
咲き始めたスイカズラの花         カラスノエンドウに付く逞しそうな毛虫、これから調べてみます。




第22回 「みどりの愛護」の集いで 国交大臣から感謝状授与

川づくり・清瀬の会 皆様 5月14日の「みどりの愛護」の集いで国土交通大臣から、表彰状を授与されました。
今年は富山県が会場です。皇太子殿下もご臨席。見事な芸能も楽しむことが出来ました。


003富山緑の愛護の集い_convert_20110527214030
式典の始まる前の会場で

008_富山の式典convert_20110527214430
会場には富山の小・中学生からたくさんの環境保護メーセージが寄せられていました。

020賞状convert_20110527215519
頂いてきました感謝状です 川づくり・清瀬の会の皆様 おめでとうございます。
そして共にご尽力くださいました、市行政・都行政の皆様ありがとうございます。


きよせ中里 花便り  カタクリの種子・オカタツナミソウ

050オカタツナミソウ_convert_20110526001853
オカタツナミソウ(シソ科)林床に咲く可憐な野草。草丈30cmほど、まっすぐ立ち茎の先にかたまって花をつけます。

042オカタツナミソウ_convert_20110526002849

057オカタツナミソウ_convert_20110526003111  054オカタツナミにつく幼虫_convert_20110526015400
花のときは一瞬 もうすぐ散りそうです   美しい花も幼虫にはご馳走なのでしょう


045_サイハイランconvert_20110526003501 048サイハイラン_convert_20110526003646
サイハイラン(ラン科 サイハイラン属)秋にハランに似た小さな葉を1枚出し(群馬で2枚の葉を見ました)、花のころの今、ほとんどの葉は枯れています。花は細長く地味ですが、中に鮮やかな紅紫色が見られ、素敵です。


  カタクリ(ユリ科)種子
002カタクリ種子_convert_20110526012601
あれ! ほたるいか? ではありません。 カタクリの種子です。
いよいよ伸び始めたクズとカタクリ群生地に侵入する山吹の刈り取りに入ると、カタクリの果実がほころぶところ。種子の先に付のがく<エライオソーム>アリが好む付属体です。種子はありにご褒美をあげながら効果的に分散。メジャーを持たず大きさはわかりませんが、2~3mmくらいでしょうか、やはり大小があり形も同一ではなさそうです。来春の芽だしを願って・・・・・・。


境橋架け替え工事進行中  (清瀬市中里)

空堀川・柳瀬川現合流点を、空堀川500m上流に移行。その区間の現合流部までを新柳瀬川とし、12m河川幅を拡幅。その間のくるまや橋(人道橋)はすでに架け替えが完了。現在その下流「境橋」の架け替え工事が23年度事業として進行中。しっかりガードされ近づけない。

015_境橋工事告知convert_20110524004233
境橋工事告知

013境橋仮橋_convert_20110524000013
2月に設置された境橋仮橋 (右岸清瀬側から所沢側を見る)

018_si新境橋工事convert_20110524001055
境橋の原型が現れてきました。橋の下流右岸は玉石護岸。

023新境橋下流から_convert_20110524002402
上流仮橋と重なる新境橋工事現場  (右下)階段式落差工の現柳瀬川合流点



お出かけください 明日はいよいよ 環境フェア清瀬

 5月22日(日) 着々と用意が進んでいます。
国難を乗り切り、穏やかな日常を求めて、たくさんの提案・情報をお受け取りください。そしてあなたのお知恵をどうぞ市民みなさまの物にしてください。 ご参加を お待ちしています。
 


005フェア展示_convert_20110521134824

009_フェア展示onvert_20110521135251
清瀬市小・中学生の作品です。

016フェア設営_convert_20110521140610
外会場も準備が進んでいます。明日はきっとここに発見があるはず。見つけにきてください。

虹の下水道館  高度処理システム有明水再生センター見学

5月20日 夏のような暑さの中、水再生センターサポーターのための研修見学がありました。
一次・二次処理の後オゾンによる脱臭・脱色システムの高度処理の様子が知りたく、都清瀬水再生センターサポーター 徳善・田中・大谷 皆さんと臨海副都心のクリーンセンター内に設置された、未来型水再生センターを尋ねました。
 平成8年7月に水処理運転を稼動、見学者のために5Fは下水道処理システムのわかりやすい展示館になり、かつてのOBさんのご案内とご説明がいただける。

004有明処理場_convert_20110521012803
有明水再生センターは超モダンな建物です

005a有明センター_convert_20110521001642
「5階へどうぞ」 張り紙だけの静かな入り口です

 010有明ロビー_convert_20110521002425
27時間をかけて、嫌気ー無酸素ー好気法と生物ろ過法により、海水を富栄養化させてしまう窒素・リンも除去、その後有明西運河に放流。さらにその1部をオゾンによって、臭気・色素を取りトイレ用水等に再利用。
(右の処理水は、COD1とか最後に塩素による大腸菌などの殺菌。こんな処理水なら水のない河川に戻してほしい)

019_地下処理上convert_20110521010046
地下処理場はすべて密閉され、かすかな臭気が感じられるだけ。

014地下処理場_convert_20110521005652 0171次処理_convert_20110521010537
まず目に付く空気本館                  一次処理 2~3時間かけて汚れを沈殿

026反応層_convert_20110521012510
微生物入り泥を加え多くの空気で撹拌 細かい汚れも微生物と沈殿


011_周期抜き抱くとconvert_20110521023328 048管が重なる地下処理上_convert_20110521023741
多くの管を通り、処理水は次の工程に流れます。

037二次処理水_convert_20110521024424
ほとんど透明な水になりました。1mクリーンメジャーでしっかりそこまで見られます。

とても良い見学をさせていただきました。 Q1:最後の塩素消毒は、上水も最後は塩素消毒、濃度は同じくらいでしょうか?
オゾンもまた上水道の手法と違うのでしょうか?  埋立地の上に、清瀬市にいたのでは想像もできない近未来的な建物群の風景、この処理場の地表には豊かな緑の公園。東京の街再発見。  

孟宗竹の生命力思い知りました  (清瀬野塩崖線市有林)

竹が伐採されて2年目、5月11日、つる草と下の写真のように細い無数に出るたけのこの退治に入ったときには、この2本のたけのこに気づきませんでした。
5月16日、もう少し早く見つけていれば食用になったかもしれません。それにしても切られた竹の根方は土に戻り始め、後が穴になってきています。それでもしっかりと根は生きているのでしょう。立派なたけのこを地上に生み出すその生命力に圧倒されました。


003 野塩崖線2年目たけのこ_convert_20110517093311

002_2年目たけのこ大convert_20110517095924  あかいたけのこ017_convert_20110425222723
びっくりするほど太いたけのこと、   (右)は今年普通に出てくるたけのこ。  少しずつ本数が少なくなってきています。植生調査も兼ねますので、来年の芽だしの変化にも興味がもたれます。


001ノイバラ花_convert_20110517102436
崖線に咲き始めたノイバラ(バラ科)
 

是非お出かけください 清瀬市 第4回環境フェア (5月22日)

第4回  来て・見て・学ぼう 環境フェア清瀬

  日 時 : 平成23年5月22日(日) 午前10時 ~ 午後4時  (雨天決行)
  会 場:清瀬市児童センター(ころぽっくる)・ 神山公園
  主 催:清瀬市・環境フェアー実行委員会
  問合せ:清瀬市市民生活部環境課 042-493-3750
 

 大震災そして津波による原発事故、だれもが復興に向けて生活を変えなくてはならない時、みんなで知恵を出し合いませんか。安全に・安心して暮らせる社会を目指して、そして豊かな水辺と緑の心地よさを求めて様々な体験をしてみませんか。
 美しく住みよい清瀬を! 頑張るボランティアグループと、地球環境を守るために自然エネルギーを推進する企業の皆様、震災に強い街づくりの最先端を行く大林組技術研究所。 明治薬科大学・日本社会事業大学 そして「私たちのエコチャレンジ」清瀬の児童・生徒の作品展示 近隣10市の下水処理場「東京都清瀬水再生センター」 どこも環境に負荷をかけないよう、より節電の中での暮らしであり、操業です。覗いてみましょう。

 史上最大のドキュメンタリープロジェクト  オーシャンズ   
   11:30~   14:00~  2回無料上映
 お笑いで地球を救う!? 環境漫才 林家ライス・カレー子 10:15~

清瀬の新鮮野菜、草花・リサイクル家具・清瀬の落ち葉から作る上質腐葉土・お弁当などの販売
けんちん汁(マイはし・椀 持参してくださるとごみ減量につながります)

1人でも多くの方がご参加くださいますよう、会場にてお待ち申し上げます。


(会場へのご案内は 清瀬市ホームページ 清瀬市ころぽっくる をご参照ください)

少し可哀そうな  ユリノキ(モクレン科)

 昭和63年、蛇行した空堀川が改修により直線化され、廃河川が埋め立てられた後に緑道化され、10本を超えるユリノキが植栽される。
 高木であるユリノキは十分に成長してようやく花をつける。残念なことにこの「ユリノキ」の上には元々多くの電線と電話線が引かれてい、伸びて邪魔になると切り払われる。花をつけたくてもそこまで待てずに剪定される。
 でも近年わずかに残る旧枝に花を見ることができるが、ユリノキ独特のたわわな花は望めない。
 樹木の選定時にその環境にあう花木を植栽する、そんな配慮もほしいと思う。

001_ユリノキconvert_20110512123128
5月に入り咲き始めるユリノキ(別名:ハンテンボク<葉の形から> チューリップツリー<花の形から>)
長楕円形のガク片3枚、直立する6枚の花弁は緑黄色で、下部に橙色の斑点があります。

005ユリノキ_convert_20110512130927
少ない花をご近所皆さんで愛でています。

青空のもと 環境学習の始まりです (清瀬下宿ビオトープ)

5月10日 下宿ビオトープは清明小4年生を歓迎するようにお天気に恵まれました。
2クラス一緒の自然観察です。

清明小003_convert_20110512111149
子供たちの目を引くものが山のようです。草の間にはハエトリ蜘蛛の仲間が潜み、上にはナナホシテントウが見られます。池にはたくさんの小魚がとび跳ね、スイレンが咲き始めました。

001seime_convert_20110512113328.jpg
水辺の魅力には勝てません。

009せいめいしょう_convert_20110512113857
夢中になって何をしているんでしょう? 少しの休憩時間に草遊びです。

心身ともに思いきり成長する子どもたち、1年間のお付き合いがとても楽しみです。

お疲れ様でした。 今日の講師:田中・望月・徳善・坂間・熊久保・大谷・宮沢
               中村水再生センター長・三部係長 の皆さんです。       


見てきました <地震でも揺れない建物>  大林技術研究所 (清瀬市)

 清瀬市の雑木林と畑地に大林組の技術研究所が設立されて40年。いくつかの実験棟が建設されたり壊されたり。そして昨年世界で唯一という震度5位までなら揺れない大きな建物 テクノステーションと呼ばれる本館と、しっかりと植生管理をされた雑木林を短時間ですが、市民の皆さんとご一緒に川づくり・清瀬の会”も見学をいたしました。
 この建物は先進技術を取り入れ、CO2排出量を一般的な事務所ビルに比べて55%削減。これから求められる徹底した自然エネルギーを活用した省エネ設計とか夢のような建物でした。

030大林地下_convert_20110510233545
本館地下施設世界初のスーパーアクティブ免震システムだそうです。
次世代は、誰もが地震国であっても命を守ることのできる建物に住めるのかしら。

034大林組_convert_20110511004900
前庭に見られるビオトープ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

企業が残す、かつての雑木林そのままに素晴らしい植生を見学させていただきました。

004キンラン_convert_20110511003708
ほぼ林一面キンランの株立ちです 毎年の推移が担当者により細かく記録され、資料として頂くことができました。

キンラン002_convert_20110511001658

     017キンランUP_convert_20110511002509
     天気もよく見事に開花していました

ギンラン026_convert_20110511002951
  ギンラン

049ササバギンラン_convert_20110511003216
  ササバギンラン

河川用地に繁殖する帰化植物 ヤセウツボ (ハマウツボ科 ハマウツボ属) 

 改修後の河川敷は多種の外来種が占め、柳瀬川の土手や、空堀川の河床はまるで帰化植物の見本園のようです。柳瀬川の土手が新緑の草本で埋め尽くされると、間もなく土手に多いこれも又帰化植物のツメクサの中に見られるのがこのヤセウツボ。清瀬市で確認されたのが平成のはじめです。とても繁殖力が強く、今では珍しくもなく団地の前庭などにも見られます。

010_ヤセウツボ4convert_20110507212324
河川地に繁茂する ヤセウツボ(ハマウツボ科) ヨーロッパ・北アメリカ原産の帰化植物。河川敷に多いシロツメクサ・ムラサキツメクサ(マメ科)やヨモギ(キク科)に宿る寄生植物(他の生物にとりついて栄養分や水を得て生活している植物)、 

005_ヤセウツボ3convert_20110507203357 2004_ヤセウツボconvert_20110507202705
ヤセウツボの芽出し 鱗片の先は細くとがる。 横向きに咲く花は薄黄色に紫のすじや斑点があり、雌しべ1と雄しべ4がある。草丈も寄生主によって違うらしくここでは、ムラサキツメクサの間に小さいものから約30cm程に延びたものもありさまざまです。

1003_ヤセウツボconvert_20110507183936
土手本来の在来種を守りたいと思っても、外来種はイネ科・キク科など多岐にわたり手の施しようがありません。

日ごと変わる 野塩崖線市有林

植物の成長の激しい今、10日も見ないともうさまざまなつる草が伸びている。
ジュウニヒトエ・カタクリ・キランソウ・ソバナ・ヤマユリなど多くの野草がみられ、ずたずたと踏み込むわけにもゆかず、しばらくは少しの時間でも藪にしないよう見守るしかない。

011_たけの芽生えconvert_20110506224525
きれいに刈り取ったばかりなのに、一面に生え伸びているタケノコ。

001_アミガサタケconvert_20110506223644
崖線の下に積る落ち葉の中にアミガサタケが見られる

009_イカリソウの花convert_20110506224040
中里緑地から大分遅れてイカリソウの花が見られる

026_ヒナスミレconvert_20110506230819 033_ツボスミレconvert_20110506233344
ヒナスミレだろうか3~4cmほどの小さな菫が咲く   ツボスミレも何とも愛らしい

キンラン・ギンランの季節です  (清瀬市中里)

キンラン・ギンラン・ササバギンランとも、カタクリやイカリソウなど早春植物に続いて雑木林の林床を飾るラン科の花たちです。

011_キンラン1convert_20110506012633

2083キンラン_convert_20110506013010

059_ギンランconvert_20110506013228
ここには15本ほど群れて芽生え、そのうちの半分くらいが花をつけ始める。(ギンラン)

052_ササバギンランconvert_20110506012832

094ギンラン_convert_20110506014241

130ささばぎんらん_convert_20110506014535
ササバギンラン(ラン科)葉は長く葉先がとがる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

024クチナシグサ_convert_20110506013543 022_クチナシグサ2convert_20110506013815
クチナシグサ(ゴマノハグサ科) 同じ林床に咲く半寄生の2年草 茎を横に伸ばし地面を覆います。

清瀬中里花だより

037C_convert_20110504205819.jpg
林のヘリに見事に咲くフジの花

038Cちくの藤_convert_20110504210231
クヌギの幹にからみつくフジ

033ナガミノヒナゲシ_convert_20110504210628 039_クサノオconvert_20110504210901
ナガミノヒナゲシ(ヨーロッパ原産の外来種)     クサノオウ(どちらもケシ科)

140ハナウド_convert_20110504211642
咲き始めの花は美しい ハナウド(セリ科ハナウド属)少し湿った林や水辺に咲く大型の野草              

円通寺 ふせぎ (清瀬市下宿 5月3日)

下宿にある清水山観音院円通寺に、古くから伝わる伝統行事 「ふせぎ」 が保存会の皆様によって今年も行われました。「ふせぎ」 は、村に災いが入ってくるのを 「ふせぐ」 ために大きなわらの大蛇を作り、観音坂にある2本の常緑樹樫の木の間にかけられます。この行事は東京都の無形民俗文化財に指定されています。

075ふせぎの説明_convert_20110503231149
「古くから5月1日の午前に種もみをまき、その午後にそれぞれ1把の藁束を持ち寄りふせぎ”の行事を行ってきましたが、10年ほど前から <ふせぎ> は、5月3日になりました」 とご説明をいただきました。
保存会のはっぴを着たお若い方も多く見られ、後継者に引き継がれているようです。


051_ふせぎ1convert_20110503225420
長い長い大蛇の胴体は完成。

055ふせぎ2_convert_20110503225628
肝心な頭作りが行われています

071_ふせぎ4convert_20110503230641

074_ふせぎ目convert_20110503230046

077ふせぎ3_convert_20110503230357
いよいよ、悪しきことが来ないよう きっと睨みを利かす目の玉が入ります。

080だいじゃのかんせいふせぎの_convert_20110503232518
眼の玉の上にたてがみが入れられ完成です

084_完成した大蛇convert_20110504000216
お蛇様お顔のご披露。(さすが、わら1本からの大蛇様、年毎に表情が違うのも面白いですね)

098大蛇を運ぶ_convert_20110504103833
大勢の皆様に担がれ、いよいよお蛇様の場所に運ばれます。

104_きにのぼる大蛇convert_20110504000846
するすると樹に上り始める大蛇様

125かけられたふせぎ_convert_20110504001250
なんと力強い大蛇様、心をこめて日本の平安を祈ります

127_大蛇と住職convert_20110504001527
円通寺ご住職の読経で魂がこめられ、来年の5月3日までの1年間、この大蛇様が清瀬の街を守ってくれます。

132ふせぎのかたずけ_convert_20110504105855
終り頃のにわか雨も邪魔になるほどでもなく、はしごを片づけてめでたく終了。


清瀬市新市長渋谷金太郎氏 星野繁市長共に河川の視察

 4月29日(金・祝)これまで4期 清瀬市の街づくりに全力投球をされた星野市長、惜しまれつつ退陣される間際、課題となっております柳瀬川・空堀川新合流地点の天然護岸・河畔林を新市長渋谷氏と共にご視察くださいました。
 お二方とも現在の柳瀬川回廊策定から整備まで深く係わられ、河川環境、河川景観には深い思い入れをお持ちです。川づくり・清瀬の会も常に話し合い、安全な川・魅力ある川づくりにご指導を頂きながらの活動です。


084_星野 渋谷市長視察convert_20110502210532
左から 山下都市整備部長 渋谷新市長 星野市長 清瀬に生まれ清瀬市に愛情を注がれるお三方です。



074_ジシバリconvert_20110502212550  073ジシバリ2_convert_20110502214949
河川用地に群生する ジシバリ(キク科 ニガナ属)
より良い河川環境・景観が残せる改修を願ってやみません。