FC2ブログ

稲荷山公園散策

201110227 稲荷山公園・004_convert_20110228231210
2月27日(日)暖かな冬の1日 めったに覗いた事のない稲荷山公園の散策。

201110227 稲荷山公園桜並木・003_convert_20110228231918
広い公園の内外 実に桜が多い 花の頃は見事かも・・・。

201110227アカマツ林006_convert_20110228232408
公園内のアカマツ林 残念松枯れが数本見られる

201110227 ブタナのロゼット・008_convert_20110228233002
足元に多く見られる ブタナのロゼット(別名:タンポポモドキ)キク科 ヨーロッパ原産の多年草 

201110226+フユノハナワラビ015_convert_20110228234245  201110227 オニグルミ・013_convert_20110228235121
フユノハナワラビ ハナヤスリ科 胞子穂がすでに倒れる(シダの仲間)        オニグルミの葉痕と冬芽




スポンサーサイト



続いています 授業で落ち葉掃き (清瀬市第四小学校)

清瀬市第四小学校は、カタクリの咲く雑木林に近く、今日は里山体験の一つ落ち葉掃き。

201110226+5年生の落ち葉掃き+020_convert_20110226233320
毎年の5年生 2時間のがんばりです。

201110226+4小落ち葉掃き+023_convert_20110226233810
熊手で集め、ぬの駕籠に踏み込んでトラックやリヤカーに運びます。

201110226+4小落ち葉掃き+022_convert_20110226235659
踏み込むのは生徒のお気に入り作業。

201110226+八本ばさみを担ぐ子+021_convert_20110226234400
農家の落ち葉掃きに使われる竹籠「八本ばさみ」踏んで踏んで詰め込まれた重いかご、5年生はかつぎます。

201110226+4小堆肥場+029_convert_20110226234743
学校に積まれた落ち葉は、何度も切り返され、良い腐葉土になり学校農園の土に戻ります。

蛇口は川につながります  (河川の生き物に優しい暮らし)

川の中には、小さな微生物から大きな魚、そして水鳥など無数の生き物が見られます。
お台所・お風呂・トイレの水は下水道を通り、水再生センターで処理され又河川に戻されます。
でも生活排水が、完全に元の上水に戻るわけではありません。
私達仲間の多くは、河川の生き物に配慮をし、汚れた食器はさっと拭き、アクリル繊維のたわしと、お湯を使い、ほとんど洗剤は無用です。様々な洗剤の中には、使い方によっては有害なものもあり、自然の生き物にも優しくありません。勿論この水は魚の棲む海にもつながります。油・薬品は流さないよう気を使います。

毎日の必需品 アクリルたわしと重層

201110129ナイロンたわしと重層・021_convert_20110224011126
油や残飯を拭き取ると、このたわしで大抵は落ちます。お鍋などは少しの重層でさっぱりします。運動のつもりで良くこするとピカピカです。

左のたわしは、先日埼玉県「水辺再生交流会」で、河川清掃活動に頑張る熊谷の小・中学生グループから頂いたお手製のたわしです。使い勝手とてもいいんです。
そしてこのたわしからの重要なメッセージ <埼玉県の天然記念物 淡水魚、ムサシトミヨ> を守ろう!! でした。

清瀬橋付近の整備  いよいよ境橋の架け替え工事始まる

2011年2月1日 仮橋の橋脚が立て始めらる

201110129+旧境橋・044_convert_20110222003624
架け替え前の境橋 (清瀬側右岸から所沢市側を見る)

201110129+境橋架け替え工事・039_convert_20110222004310
仮橋の橋脚工事

201110220+境橋仮橋完成009_convert_20110222004855
2月20日 すでに仮橋は完成

201110220 境橋仮橋・012_convert_20110222005420
境橋の仮橋 すでに車の交通が始まる

201110220+旧境橋取り壊しconvert_20110222010023
新境橋の工事

201110220+近くに咲く河津桜・045_convert_20110222010616
近くの土手に咲きは閉めた河津桜

1日吹き荒れる台風並みの大風 メタセコイヤ(スギ科)のわれる枝

201110217メタセコイヤ+空堀のィ+011_convert_20110218224719
2月17日 今日の吹き荒れる突風で、空堀川のメタセコイヤの枝が割れる。

201110217 メタセコイヤィ+012_convert_20110218225220
通行できるようはじの方に寄せるが引っ張ったくらいではもぎとれない。

201110216+メタセコイヤ014_convert_20110218230424
今の時期、スギに良く似た果実と、雄花が房状についています


生活を見直す 「清瀬エコまつり」

2月11日(金)消費者団体による年2回のエコまつり
消費者センター1Fで、清瀬ダイオキシン対策等市民協議会は、これまでの環境変化への対応をパネルにし、環境アンケートをしながら、ごみ分別相談。生ごみのより水分の減少。より良いリサイクルを目指した容器プラの出し方など。若いお母さん大歓迎。

201110216+えこまつり+004_convert_20110218220410

12日は活動団体交流会。お茶を頂き、つり雛を作り楽しいひと時です。

201110216+ウサギ雛ィ+006_convert_20110218223959
皆で作ったウサギ雛

201110216+釣り雛作りィ+009_convert_20110218223738
お茶にケーキ長閑なひと時。




年に1度は健康診断 (大腸がん検査)

201110216+縺医%縺セ縺、繧翫??螟ァ鬚ィ+018_convert_20110218213727
今日は皆で大腸がん検診 誰もが異常なし暫く安心です。

市民によるいい川づくり  見て来ました市野川 

埼玉県東武東上線森林公園駅から歩いて数分の荒川の支川、市野川を見学。河畔林を縫うように蛇行する河川を生かし、市民・河川の専門家・行政が話し合い、2WAY方式で治水・環境共に両立、とても面白い生き生きとした川を比企の川づくり協議会千葉様・野原様・上野様・稲田様地元の皆様にご案内を頂きました。

201110206+市野川橋+007_convert_20110211230353


201110206+市野川+005_convert_20110211225905

201110206+市野川1+008_convert_20110211231103
丁度渇水期水量は多くありませんが、洪水時170t/秒の流下能力を持つ改修済みの緩傾斜護岸の人工的な河川

20111020市野川010_convert_20110211231539
(右)増水時でなければ流水の無い直線化された90t/秒の新しい河川。アカメヤナギ等の密生が見られきれいに刈られたばかりとか。 手前70t/秒を背負う蛇行した旧川(河畔林の下は深い淵になっています)

201110206+市野川④+023_convert_20110211235404
旧線近くの緑の中を流れる又五郎用水 とても風情があります

201110206+市野川⑤+027_convert_20110212001457
深い淵の旧川、計画河川巾が半分に見直され、流入口に礫を置き流量が調節されている様子。
略全量が蛇行河川を流れています。

20110206 市野川⑨+033_convert_20110212204444
左岸天然護岸に沿い蛇行する川(高橋橋から上流を見る 橋脚が巨石積みで守られる)

201110206+市野川⑥+035_convert_20110212002020
冬場でなければ、緑の木陰を写す素晴らしい河川景観 新緑の頃又訪ねたい魅力があります

201110206+市野川⑧+045_convert_20110212003120
新旧の流れに挟まれた常緑(スギ)が主体の雑木林。落ち葉の中に沢山のヒガンバナが見られます。

201110206+市野川⑦+056_convert_20110212002436
駅近くの公民館で整備計画策定から、環境を生かした川づくりのために、計画の見直しをしながら進めれれた改修工事の様子を千葉氏から伺いました。

201110206+市野川⑧+057_convert_20110212002741
計画を見直す皆さんの熱意と専門家を交えて重ねた話し合いの成果を伺い、蛇行と直線の交差する変化に富んだ河川を見学させて頂いたメンバーです。ご案内くださいました皆様、ありがとうございました。


清瀬市下宿ビオトープ 冬の環境学習

2月3日 真っ青な空のもと、清瀬清明小4年生冬のビオトープ自然観察です。2月とは思えない暖かさ。
伸びやかに、寒さをしのぐ植物の様子を観察します。

201110201清明小ビオトープ001_convert_20110207210955
広々とした草原でロゼット探しです。冬を過ごす植物の知恵を見つけます。

201110201ロゼット・+029_convert_20110207211638  201110201冬のロゼット・+027_convert_20110207212410
マツヨウグサやタンポポのロゼット

201110201ギシギシの根・+011_convert_20110207220121
双子葉の主根とひげ根、単子葉のひげ根など見比べ、土中で見えない根の様子を掘り触って感じてみる。
クズやオニグルミ、ニセアカシヤなどの葉痕と冬芽をルーペを使って観察。

201110201水の中の生き物・+010_convert_20110207221748
流れの中の石に着くニンギョウトビケラ(ニンギョウトビケラ科)1cm程の水生昆虫の発見

201110201柳瀬川で遊ぶ子供たち+008_convert_20110207222701
昼ごろには寒さから解放され身体を動かす子供達

201110201柳瀬川の子供達+007_convert_20110207223551
今学年最後の環境学習、少しの自由時間を近くの柳瀬川で遊びました。

早春から始まる4年生の環境学習、1年を通して、子供たちの身体も心も目を見張る成長の過程を実感。
2クラス一緒、今日の講師:田中・望月・徳善・坂間・熊久保・宮澤  中村水再生センター長・そして職員さん
子供たちと一緒に心地よいお疲れさまでした。楽しかったですね。

柳瀬川・空堀川新合流計画 柳瀬川風景

201110201明薬付近柳瀬川・+044_convert_20110207004817
柳瀬川新合流点(下流を見る)

201110201柳瀬川天然護岸・+045_convert_20110207005345
左岸に残る河畔林と護岸の様子

201110201柳瀬川改修現場・+052_convert_20110207005831
現河道は左へカーブするが、これを真っ直ぐ空堀へ合流予定

201110201新合流点用地+054_convert_20110207010352
新合流点新河川用地

201110201譟ウ轢柳瀬川・+062_convert_20110207010933
新柳瀬川への合流用河川用地 奥に見える橋は架け替え済みのくるまや橋

201110201柳瀬川太陽園近く+050_convert_20110207103651
旧柳瀬川となる所の左岸 砂州があり木の根が護る、このまま残したい河川です

20川の中から+069_convert_20110207012636
右手の人家の先が新合流点河川になります。

2011 所沢からの雨水管?・+097_convert_20110207013228
所沢からの雨水管?かなり大きい

201110201旧柳瀬川になる所・+100_convert_20110207013816
この夏の大雨で少し崩れました。護岸修復のために澪筋作り

201110201崩れた左岸の補修工事+110_convert_20110207015044
多くの土嚢が並びます

201110201洗堀された護岸の工事+102_convert_20110207014557
補修工事現場  横幅広く護岸の上まで削ってしっかりした護岸にするようです

201110201新柳瀬橋から現合流点へ・+121_convert_20110207015611
新柳瀬橋から現合流点を見る (右岸の竹林は崩れることなく健在です)

柳瀬川・空堀川新合流点工事を前に 第2期懇談会開催

201110129+第2期懇談・001_convert_20110203005144

201110129+合流点川懇003_convert_20110203005609

201110129合流点川懇・004_convert_20110203005820

201110129+第2期懇談会・005_convert_20110203010033

201110201合流点懇談会+013_convert_20110203010350

201110201+合流点2期懇談会convert_20110203010622

201110201+015合流点設計図_convert_20110203010929

分水構造の計画河川幅: 管理通路を含めて36m
河 床 幅:5.8m
新河道との境の堰の高さ:15cm 旧柳瀬川への流量0.4t/秒から0.6t/秒
柳瀬川と空堀川との落差1.3m
旧柳瀬川への流入巾3.4mに狭める
新合流点から現合流点までの柳瀬川高低差4m
洪水時 柳瀬川110t/秒 空堀川140t/秒






タバコのポイ捨て絶対禁止

201110201A地区の火災+005_convert_20110203023810
この乾燥季と落ち葉の堆積が重なる今、最も怖いたばこのポイ捨て!!

201110201A地区林+010_convert_20110203003545
市民に見守られる中里の林