FC2ブログ

きよせ中里  花だより

3月29日 昨日・今日の寒さ格別です。開き始めた桜・早春植物も足踏みです。
晴れれば、空堀川に沿い、桜・レンギョ(モクセイ科)・クサボケ等野草と共に楽しめます。
4月4日まで、雨が降らなければ、せせらぎ公園管理棟前がお祭り本部です。お立ち寄りください。
清瀬の自然の写真展も是非ご覧ください。


2010繝サ03+27+カタクリ祭り会場003_convert_20100329233027
清瀬市カタクリ祭り会場 ヒロハノアマナは果実へと移り、カタクリは最盛期です

2010繝サ03+27+カタクリ祭りカブトムシ配布・006_convert_20100329233527
例年、清瀬市では落ち葉の堆肥化により、多くのカブトムシが発生、27日・28日のカタクリ祭りに配布。

2010繝サ03+27+カタクリ祭り・008_convert_20100401184519
寄贈された、コヒガンザクラも配布です。頂いた方はきっと大事に育てて下さるでしょう。
都市整備部長の作業服姿。移動の季節、カタクリ祭り後は見られないのでは? お世話になりました。


2010 03+27+・ニリンソウ 041_convert_20100329234211
寒さの中頑張って咲き始めた ニリンソウ(キンポウゲ科)

2010 03+29  ヤマエンゴサク 044_convert_20100329234810
ヤマエンゴサク(ケシ科)

2010 03+27+ ジロボウエンゴサク ・054_convert_20100329235147
ジロボウエンゴサク(ケシ科) 草丈15cm程 ヤマエンゴサクよりひょろとし、頼りなげですが可憐です。

2010 03+27+ムラサキケマン ・059_convert_20100329235849
ムラサキケマン(ケシ科) 同じケシ科でも前の2つより花期は長い。

2010 03+27+アマナ ・048_convert_20100330000320
ヒロハアマナが終り、今咲くのが同じユリ科の アマナ 日が出ないと開きません。



 
スポンサーサイト



桜まつり  清瀬市柳瀬川

清瀬市では、中里緑地でカタクリまつり、柳瀬川に沿う台田団地前ではさくらまつりがおこなわれています。

2010繝サ03+26+花見台田060_convert_20100328001626
清瀬市台田団地前

2010繝サ03+26+花見会場+061_convert_20100328002058
開花と来場者を待つ花見会場

2010繝サ03+26+桜+051_convert_20100328002504

2010サ03+26+桜のつぼみ+054_convert_20100328002837 2010 03+26+桜+056_convert_20100328003123

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


2010繝サ03+26+マルタ+069_convert_20100328003504
流れの中も見て下さい、だいぶ前から マルタ の遡上です。
釣られたマルタ、直ぐに放されました。



清瀬市に オシドリ (ガンカモ科)

3月26日(金)東京都水再生センターのお花見行事 桜はちらりほらり 1日子供たちの工作とビオトープ案内

オシドリ(♂)が清瀬に飛来。夢のよう。

2010繝サ03+26+オシドリ+034_convert_20100327003855
オシドリ(♂)カルガモに混じり姿を見せる。 とても優しい声で2声・3声鳴きます。

2010繝サ03+26+おしどり+033_convert_20100327003412
雄1羽だけで、少し淋しそうかな・・・・。

2010繝サ03+26+オシドリ2 046_convert_20100327004228
羽づくろいをするオシドリ

2010繝サ03+26+おしどり2 +049_convert_20100327004630
カルガモと泳ぐオシドリ。

2010繝サ03+26+オシドリ+047_convert_20100328000222
今日は、キジ・カワセミ・ツグミ・コサギ・ハクセキレイ・オシドリ を見ることができました。

δδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδδ


2010繝サ03+26+下宿花見工作+013_convert_20100327005844
工作を楽しむ子供たち

2010繝サ03+26+ どんぐり工作+014_convert_20100327015934
幼稚園生から2・3年生。おも白い作品が沢山出来ました。


2010繝サ03+26+水再生センター花見+023_convert_20100327010222
ビオトープ観察に集まる皆さん。オシドリ・キジ 見られてラッキーでしたね。

2010繝サ03+26+再生センターの桜+020_convert_20100327010922
勿論お花見ですから・・・・ 水再生センターの桜。 残念ながら行事以外の日は立ち入り禁止です。
お花見は、柳瀬川清柳橋下流右岸の土手から再生センターの桜が楽しめます。(見頃: 後2・3日かな)

こら! ばちあたりの事はいけません!!

今日は、朝から空堀川のごみ拾い。大風の後で、レジ袋や発泡スチロールが多い中に、引っ越しの家庭ごみも多い。
重いごみが多く、所々足場のある所に上げながらのごみ拾い。


2010サ0322 川ごみ+020_convert_20100322150421
今日は彼岸の中日。ご供養の帰りに投げ捨てたものか。 人の命をつなぐ大切な食べ物を・・・!! 

2010繝サ0322+捨てられた団子・018_convert_20100322150927  201022 捨てられた供物019_convert_20100322151150
重いほど大きなお餅もまだ柔らかく、フルーツも新鮮。それに団子、お赤飯も流れの中に散乱。
こんなに沢山のお供物?  団子があって、お赤飯があって、ご供養? お祝い?
多分ずいぶん野鳥が御相伴にあずかった後なのでしょう。
これだけの手土産を待たせる催事を、一昔前ならともかく、近年まだ経験したことがない。地方によっては、冠婚・葬祭ことごとく丁寧なところがあると聞く。沢山の容器と、紙が水に溶けていました。流れたものも多いのでしょう。
何れにしてももてなしの品。  川に捨てたあなた、心が痛みませんか? 
そして、川はごみ箱ではありません。 



ごみの山・021_convert_20100322154544
レンジャーさんのご協力は本当に大きい。ありがとうございます。とうとうごみ山になりました。北北建に片付けをお願いしましょう。

春の嵐 通過 3月21日

昨夜の暴風はすごかった。志木街道を走る消防自動車、きしむ樹木、着いていても風を怖がる我が家のタロー。
ともかく朝1番で見回り。やっぱり荒れていました。
パトロール当番さんと、中里緑地 A地区 B地区 C地区の折れた枝の片付けとごみ拾い。

2010サ0320+シ倒れた神社のスギ・001_convert_20100321220242
強風で裂かれた野塩八幡様のスギ

22010 03 20 暴風一過100321221114

2010 0320 B 地区のごみシ・007_convert_20100321222012
B地区に舞い込んだごみ レジ袋や発泡スチロールが多い


κκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκκ

ボランティアと市民をつなぐ集い   ボランティア・ネットワークの輪・話・和 に参加

3月21日(日) 10:00~14:00  主催:清瀬市社会福祉協議会

202010 03 21 ボランティア交流会・011_convert_20100321223648
昔遊びコーナー 先ずは、竹トンボの講習

2010 03 21 竹トンボ作り・013_convert_20100321224243
強風の中 こちらは受講生 テントがすっ飛びそうです

2010 03 21 男の料理・015_convert_20100321224647
男の料理教室 ちらしずしに味噌汁 (大江さんのお味も入っているのかな?)

20100320+・パネル展示020_convert_20100321225425 20100320+・ダイオキシン018_convert_20100321225651
パネル展示 川づくり・清瀬の会   ダイオキシン市民協   ごみ友達

20100321   守る会・016_convert_20100321230050
DVDで活動報告 パネル展示会場 清瀬の自然を守る会は、パネル展示と会誌の紹介

20100320+子供たちの遊び・029_convert_20100321230937
清瀬市内で活動をしている団体が ころぼっくる・神山公園に 大集合!

雑木林の片付けの後、よくわからないけど参加。いつもの顔見知りの皆さんと、楽しかったですね! 




カタクリ ちらほら  清瀬市中里花だより

3月16日B地区に1輪見えたカタクリも、今日18日はちらほらピンク色が見えます。

2010サ0318+カタクリB地区ェ+007_convert_20100318215459
中里B地区 クヌギの根元に咲くカタクリ(ユリ科)

22010 03 18 カタクリ_convert_20100318220741
キツネノカミソリ(ヒガンバナ科)の中に咲くカタクリ

20C地区カタクリ+022_convert_20100318221416
10cm 程のC地区のカタクリ

202010 0318+ツクシ+025_convert_20100318223404  202010 03 18 カントウタンポポ芽出し+027_convert_20100318223836
ツクシとカントウタンポポ つぼみを持つロゼット


2010繝サ0318+ヒロハアマナBェ+018_convert_20100318221719
B地区ヒロハアマナ (満開)


空堀川  (水のある風景)  (3月11日)

春先の温かさに誘われ、空堀川を登ってみました。
このところの雨量で、つかの間の水の流れる空堀川、まったく景観が変わります
夕暮れは、ほとりの民家の灯が流れに映り、昼とはまた違う美しい情景です。

100313 空堀上流・032_convert_20100318113800
河床に様々な芽生えが春を待ちます。緩いカーブを、水生の杭と、桑の木が護ります。(東村山に入ってすぐです)

12010 03 15 空堀村山035_convert_20100318120302
景観を守るヤマクワの根


10 03 15 東村山市内・036_convert_20100318120938
珍しくゆったりと流れる、東村山市内。

10下堀橋左岸の開発・038_convert_20100318121652
下堀橋左岸、管理道路に沿う宅地分譲 (整地作業中)

御成橋の地下水・042_convert_20100318122153  1003+御成り橋下の地下水(下)・044_convert_20100318122557
御成橋を挟んで左岸2か所の、JR武蔵野線坑内からの地下水排水溝。
貯まると流水するシステム。いつも出ているとよいのですが。

2010 03 15 御成り橋から下流・047_convert_20100318211140
御成橋から下流を見る   水のある空堀川は珍しくつい載せてしまいました。
流れがあるのが当たり前の川にするために、都も市も市民も、一緒に一歩踏み出せたら良いのですが。




野塩特別保存林花だより  3月14日

1003 14  キツネノカミソリ・065_convert_20100315005424
林床一面 キツネノカミソリ芽生えが伸びています。

1003+14 アズマイチゲ073_convert_20100315005917
アズマイチゲ(キンポウゲ科)春1番に咲きそろいます。

1003+アズマイチゲ・079_convert_20100315010532
花弁は一定ではないようです。

1003+kニリンソウ・067_convert_20100315011054
気の早いニリンソウ(キンポウゲ科)も咲き始めました。


*****************************************************************************************************

1003+14 咲きそろうヒロハアマナ・110_convert_20100315022128


1003+14 ヒロハアマナ109_convert_20100315021800
いよいよ咲きそろう ヒロハノアマナ (ユリ科)


空堀川に柳の挿し芽と清掃  (川づくり・清瀬の会)

100314 柳の目挿し050_convert_20100315000106
柳40本挿し芽 

1003+14 柳の目指し・049_convert_20100315001805
割と着きやすいネコヤナギ

100313 柳の挿し芽・051_convert_20100315001006  100314・056_convert_20100315001349

1003+14 空堀清掃・063_convert_20100315002121
拾っても尽きないごみ

100314 空堀作業・062_convert_20100315002613
澄んだきれいな流れです。野塩橋まできれいになりました。セイヨウカラシナが咲き始めました。




ガス漏れ工事 3月13日

自宅への道がガス漏れ。交通止めです。
毎日近くに生活していても誰も気づかない。東京ガスの一斉家庭検診で見つける。

100313 ガス漏れ20100314232745  100313 ガス漏れ工事・030_convert_20100314233037
漏れた個所を突き止めるのに数個所掘って2日かかる。微量な漏れにも反応する検針機のお陰様。

100313 ガス漏れ_20100314234114
道路の深い所に埋められて50年近い。頼りなげなガス管が見えました。


清瀬市中里花だより  3月8日

3月8日 清瀬市中里C地区に行ってみました。最近火災にあったC地区隣接のお宅もきれいに片づけられ、半分焼かれた植木だけが痛々しい。

100305+中里火災後・032_convert_20100309234424
カタクリの咲くC地区につながる宅地 できることならば元の雑木林になってほしい。

100305+kasio+C004_convert_20100309235032.jpg
一番来場者に見て頂く柵際に落ち葉の堆積。

100305+落ち葉の掻き出し・028_convert_20100309235507
良い花芽が出ますよう、前の散策路に落ち葉を掻きだす。

100305+kカタクリつぼみ014_convert_20100310000026

カタクリ・011_convert_20100310001716
カタクリも、もう少しです。なのに今日9日、冬のような寒さ。雪になりました。

アマナ・023_convert_20100310002050
ヒロハアマナ・021_convert_20100310002329
ヒロハノアマナは大分咲いてきました (B地区)
 


今年度最後の環境学習  清瀬下宿ビオトープ

今学年は、新インフルによる学級閉鎖など、変更日の多い年でした。先生方のご苦労も大変だった事と思います。
テントウムシの成虫、チョウの幼虫・さなぎ、冬芽に似せた虫こぶなど,昆虫・野草の越冬の姿を観察するのにも良い時です。

1002022+冬の下宿ビオトープ・016_convert_20100308224617
清明小学校4年生を待つ、冬枯れの下宿ビオトープ。

1002ゴマダラ幼虫_convert_20100308225011
エノキの下で越冬 ゴマダラチョウの幼虫

1002022+ナワシログミ・011_convert_20100308225826
前回11月の学習時に花時のナワシログミ、小さな果実をたくさんつける。

1002022+イラガの繭・040_convert_20100308232316
幼虫に触ると刺され、とても痛い桜に着いたイラガのまゆ。さて、子供たちに見つけてもらいたいものがたくさんあります。ガマの穂も、すっかり形を変え柔らかな綿毛に変わっています。

清明小4年生・023_convert_20100308233920
9時少し過ぎ4年生到着。もうすぐ5年生、1年間の成長の素晴らしさ実感の時です。到着の時から集中できる4年生。

1002022+冬鳥観察・024_convert_20100308234537
今日は、カルガモ・コサギ・モズ・カワセミ・ツグミ・カラス。普通に見られる野鳥です。

ヨモギ+002_convert_20100308235155
ビオトープで冬を越す植物です。4年生にとってヨモギはなじみの野草。すぐに見つけました。

1冬のロゼット+033_convert_20100308235620
ロゼット状の植物もたくさん見つけました。ハルジオン・ギシギシ・オニタビラコ・ノゲシ・・・・・・。

葉痕観察・025_convert_20100309000109
葉痕観察。オニグルミ・クズ・ネムノキ 葉痕に近い冬芽さがし。

冬の探し物・026_convert_20100309001123
次々と楽しみながら見つけてゆく子供たち。「これは何の仲間ですか?」子供たちからの質問です。花の姿もない草たちにも興味を持つ驚きです。

ススキの冬根030_convert_20100309012655
冬でも生きている根を比べます。ギシギシを掘りました。双子葉類の太い根に、途中で折らないよう苦戦です。
そして優しイネ科ひげ根。見えない根にも違いがあることを発見。

1002022+4年生清明・036_convert_20100309002427
今日もお帰りは12時ま際。皆のお気に入りは長いヨシ。頑張りましたね4年生。素晴らしい清瀬の子供たち。

講師は、田中、望月、熊久保・坂間・徳善・水再生センター熊田係長・宮澤 皆様1年間元気な子供たちのお相手、楽しかったですね! お疲れさまでした。

水辺を洗堀から守る植物の根  (柳の挿し芽) 清瀬空堀川

広い河床内では、水の力で蛇行を作る。そこに植物が自生し、澪筋を作り生き生きとした流れと、水辺の木や草の根方は、魚や生き物の住処となる。小枝は野鳥をよびよせ、子共達や散策者の心を和ませる。

1小鳥のなる木+046_convert_20100307104741
小鳥のなる木 小枝さえあれば川辺は自然のバードサンクチャリー。

100122 水辺の崩れ・031_convert_20100307101804
木の上には季節の野鳥も、水辺にはキセキレイ他水どり。生態系の豊かさを創出するのも、破壊するのも人間。

100122+空堀の木の根・020_convert_20100307103655
切られても水辺の洗屈を護る根。

100122+洗堀された水辺026_convert_20100307101428
水の力は強い、何もなければ只崩れて、川の魅力を失う。


100301やなぎのさしめ・046_convert_20100307095340
今年も又挿し木です。このところの増水にも負けず頑張っています。

100301+柳の挿し芽・048_convert_20100307095701
この低木が流下能力を阻害すると思いますか? これまでの空堀川の自生木が実証しているように思います。

空堀柳2年目・066_convert_20100307100641
挿し芽をして3年目、根を張りこの春初めて花芽をつけました。

春到来 ヒロハアマナ・カタクリ 花だより  (清瀬市中里)

3月5日 久しぶりの快晴。すでに空堀川のほとりには多くの人が散策をしています。

100301+ヒロハノアマナ・023_convert_20100305220612
早春植物 真っ先に開花する、ヒロハノアマナ(又はヒロハアマナ)ユリ科。中里緑地B地区
見頃は1週間先ぐらいだろうか、これからの気温によります。カタクリもちらほら花芽があがっています。

100301+ヒロハアマナ026_convert_20100305221201
これから花茎と葉が日ごと結実まで伸びます。3株一緒に花をつけました。

100301+ヒメザゼンソウの芽出し・040_convert_20100305221744
昨秋に発芽したヒメザゼンソウ 花は夏。

100301+枯損木を積まれたはけ・035_convert_20100305222727
大事なハケにやっぱり枯損木が積まれていました。片づけては見ました、根が枯れていなければよいのですが・・・。

10030ヒメザゼンソウ・033_convert_20100305223245
積まれたわきからやっと芽を出すヒメザゼンソウ。 民地に気兼ねして見回れない、残念。


清瀬市 空堀川落差工工事が終わりました

平成22年3月3日 完成した落差工が、上・下流河床高に覆土をされ完成です。

100301+落差工の覆土+096_convert_20100305210622
下流から覆土。雨が多く水のたまったところに床止めがされ石籠がセットされれば完成。

100301+上流部に置く石籠117_convert_20100305211204
トラックに載せられた石籠が、次の写真のように上流部に固定されます。

100115落差工上部石置き・087_convert_20100116143050
左岸とまったく同構造となる。

100301・006_convert_20100305214007
3月4日 落差工完成。完全に覆土されました。雨量50mm/h対応で空堀川河床が掘り下げられるまで見られません。

100301+低水護岸工事107_convert_20100305214531
下流に向け、右岸低水護岸工事のため河床の掘り下げ 地層が見られる。作業員の約倍の深さに見える。

100301+合流点まじか004_convert_20100305215459
護岸工事も柳瀬川合流点にいよいよ近付く。架け替えを待つ、境橋。



清瀬金山調節池に  カヤネズミ? え~ェ うそ!

今日も金山調節池の管理作業

100301金山上の池003_convert_20100301215058
金山調節池の一番奥 この中に今の時期、クイナ・バン・タシギ・アオジ・モズ・カワセミ・時にアリスイ等

100301+ヒヨドリ+011_convert_20100301223400 100301オナガガモ+010_convert_20100301223125
ヒヨドリ                         尾を立ててオナガガモの給餌

100301 キジ+011_convert_20100301223400   100301 シロハ都オオタカにのやられる
いきなりキジが畑に向かって飛び立つ(♂) 平和な時ばかりではない、オオタカにやられた、秋からここに居るシロハト(足にオレンジの環をつける)

100301+管理作業053_convert_20100301225723
「金山にカヤネズミがいますよ!」と前から台田団地のK氏から伺っていた。でも半信半疑。
作業をしながら、今泉氏に 「カヤネズミを見たという人がいるんですけど、どうでしょう?] 話しかけて5分もたたないうちに 「見つけた、これカヤネズミかも!」 今泉氏の声。
刈り取った草の下に潜り、草の束をそっと持ち上げると池に飛び込む。近くの人が手ですくいバケツに入れる。

100301ハツカネズミ+081_convert_20100301231151
体長大凡5~6cm しっぽの方が少し短いかな? カヤネズミの話をしていた時なので、皆がカヤネズミと思い込んで大興奮。

100301+00301232143.jpg
100301+カヤネズミ+059_convert_20100305184706
ゆっくりと濡れた身体の毛づくろい、蜘蛛が近付くと可愛らしい鼻先を伸ばして捕獲のポーズ。

100301+ハツカネズミを見る+065_convert_20100301232831
全員カヤネズミと思いバケツから目が離せない。カメラに収めた方も満足そう。

100301+ハツカネズミ手の上+085_convert_20100301233547
早く元の場に戻そうと手を入れると乗ってくる。丸みを帯びた耳が大きく、実に可愛らしい。

カヤネズミと信じつつも、帰宅をして大急ぎで図鑑を見る。 色が違う! 尻尾の長さも!耳の大きさも!

ではこの子は何物? 濡れるまでは奇麗な灰色。もしかして 「ハツカネズミ?」 野生種は灰色 とある。
ハツカネズミとて、お初にお目にかかる。 おっとりとした物おじしないこのねずみの愛らしさにしばらくは取りつかれそう。この子も清瀬の住人。多種の野生種がすみつく金山調節池 自然の恵みはすごい。しっかりとした環境づくりさえできれば、自然の再生にも夢が持てる。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


100301+アカガエル040_convert_20100301235918  100301アカガエルの卵塊<br />+042_convert_20100302000119
3年前の春、「アカガエル」の卵隗を1つ見つけた時も皆で驚きの声をあげました。今日のネズミと同じです。今日は20以上の卵塊とアカガエルをいくつも見ました。

100301+ガマガエル+058_convert_20100302001351  100301ガマガエル094_convert_20100302001541
ヒキガエルの仲間もひも状卵隗を重なるように生みつけています。透明なとてもきれいなゼリー状の中に黒い卵も又美しい。どちらももうすぐおたまじゃくしです。


100301+金山集合写真+091_convert_20100302004120
今日は臨時の作業、すくない人数ですがきれいになりました。森さんは作業からまだ戻らない。

9時から午後2時まで。気持は30代でも身体はそうはいかない。皆痛い腰・膝を抱えていても弱音を吐かない。でも常連さんが暫く見えないと心配になる。
新しいネズミとの出会いがあり、皆の顔がかがやいています。