FC2ブログ

ましまさんのお宅の “ハンカチノキ”

 ましまさんのお宅には、珍しい “ハンカチノキ” (ダビディア) があり、今まさに花のとき。
丸い花につく、白い2枚のホウ(包葉)が大きく、本当にハンカチが下がっているように見えます。
葉もまた、鋸歯や葉脈がはっきりとし、私はとても好きです。
数年前、実がついた時に蒔かれた種子が、5cmほどの細長い2葉を出し、その間から愛らしい新芽が覗いていました。
蒔種したとき、発芽しなくてもあきらめず、あたたかく見守られた、ましまさんの優しさですね。
 頑張って大きな木に育ってほしいです。

ハンカチノキ

           ハンカチノキ

ハンカチノキの芽出

 ハンカチノキの芽出し (20・5・5 追記)
スポンサーサイト



新緑の中の花 《サワフタギ》

 さすがこれまで、美しく林床を飾ってくれた、早春植物 カタクリ・ヒロハノアマナ・イカリソウ・イチリンソウ・ニリンソウ・エンゴサクの仲間も今は静かに、次年度に種をつなぐため、それぞれが稔りの大事な時なのでしょう。

 今は、新緑の中に純白の花、サワフタギ(ハイノキ科)が咲き,柔らかな緑との調和が素晴らしく魅せられます。
.サワフタギ

テーマ : 環境 - ジャンル : 福祉・ボランティア

清瀬芝山小学校農園、開園式

 清瀬芝山小学校の農園歴は長く、耕作面積もはんぱではない。その間には耕作地の土地換えもあり、今度が4度目とのこと。教育長や地主さんも来場されての開園式です。
 耕作面積が広いだけに、たくさんの作物は給食にしっかりと生かされ、ボランテイアでの施設訪問の際のお土産にもなると聞きます。
芝山小の生徒は、農地の大切さと、食物の大切さを同時に学んでいるのでしょう。
 「フードマイレージ」難しい言葉です。でもなるべく自分の近くの食材で工夫することが、温暖化の対策になります。畑で実った作物は、きっとおいしいでしょうね。地産地消を実践する素晴らしい芝山小学校です。
 開園を記念して、とうもろこしやナス・トマトなど夏野菜が植えられました。収穫が待たれますね。

芝小農園開園

     開園式の様子

清瀬市芝山小学校農園

  芝山小学校農園の立派な立て札です。

テーマ : 地球温暖化防止 - ジャンル : 福祉・ボランティア

ご存知ですか《ウワミズザクラ》

空堀川右岸、美郷橋の手前、5mほどの所で、柵の中の上をご覧下さい。見事に《ウワミズザクラ》が咲いています。

桜といっても大変かわっていて、花が集まって白い穂のように見えます。A地区の川沿いをも見てください。数本のウワミズザクラと、よく似たイヌザクラがあります。

まだ見たことのない方、さあ、見つけてください。
ウワミズザクラ

  ウワミズザクラ(バラ科)おばけやまで

ウワミズザクラの花穂

  ウワミズザクラの花穂(花序のもとに葉がつく。 イヌザクラには葉がつきません)せせらぎ公園で

渓流のような空堀川

 雨が降りましたね。
 水の少ない空堀川も、今はすばらしい、渓流を思わせる美しい流れです。
乾季には干上がってしまい、折角冬に飛来する水鳥も見られず、流れのある川の魅力は計り知れません。
 水辺に生き物が群れ、子供が集まり、水のある川は生き生きと、散策をする人々を楽しませます。
新緑の河道へ出てみませんか。カモがたくさん遊んでいますよ。
 さて、平成19年10月より、新柳瀬川(現柳瀬川と空堀川合流点が、約500mほど空堀川上流に計画)となります部分の改修工事着工、1:3の護岸工事です。本来なら河川用地が12m拡幅されますので河床幅は・・・・・・・ 治水上も生態系にも河床幅は広い方が・・・・・残念。
新柳瀬川改修工事

テーマ : 環境 - ジャンル : 福祉・ボランティア

はじめまして、きよせ中里だより、です

はじめまして、きよせ中里だより、です。
川に沿った崖線の林床にはイチリンソウ、ニリンソウ、そして、ピンクのイカリソウが、まさに花盛りです。

カルガモ写真

これは、カルガモのたまごです。



これは、柳瀬川、金山橋の少し下流でのカルガモの様子です。

テーマ : 環境 - ジャンル : 福祉・ボランティア