FC2ブログ

令和元年10月22日 「天皇陛下即位礼正殿の儀」

10月12日 清瀬市日枝神社水天宮で、令和天皇ご即位祝賀の「雅楽と舞い」が民間演奏団体としては最も古い歴史を持つ「小野雅楽会」によって奉納、穏やかな秋の陽の元拝見いたしました。 

IMG_1818_convert_20191022111613.jpg

IMG_1772_convert_20191022111734_20191022124915730.jpg

IMG_1789_convert_20191022121537.jpg

IMG_1783_convert_20191022121637.jpg

IMG_1801_convert_20191022122002.jpg
この季節、秋祭りと同時に日本各地で祝賀会が行われていることでしょう。日本の平和・世界の平和を祈願下さる皇室皆様、お健やかでありますように。

スポンサーサイト



清瀬野塩八幡様秋の祭礼  

11月13日 快晴の日曜、野塩八幡様建て替え2年目の秋祭り。

IMG_5351_convert_20181108220526.jpg

IMG_5347_convert_20181108220436.jpg

IMG_5349_convert_20181108220349.jpg
社殿と共に参道も参拝しやすくきれいに整備されました。

七草粥 (1月7日)

毎年七草粥の前日野にあるものは摘みに行きます。と言っても清瀬の野で簡単に積めるセリ・ナズナ・ゴギョウ(ハハコグサ)・ハコベラ(ハコベ)位で後はカブやダイコン人参と我が家の七草は決まっています。

まだまだ畑地の残る清瀬では、これまで簡単に1株2株のナズナは採取できていましたが、今年はそうはいきません。
環境が変わっています。かなり近辺を走り回っても見つけ出せないのです。

ナズナなら何でもよいという訳にはいきません。多くのワンちゃんがお散歩をする道筋に生えるものは、踏み付けと、もしかしたら後ろ足を上げて・・・・・よく見る光景なのです。ですから道路より少し高い所か、ワンちゃんの入り込めない所を見つけます。

これまでは一段高い飯田氏の畑の周りからナズナもゴギョウ、ハコベも一度に頂いてくることができました。冬の畑は、春・夏野菜の時より春を待つロゼット状の雑草が多いからです。

今年もいつもと同じ思いで出かけてみました。何と全く様変わりがしています。 あちらこちらの草原を歩いて見たのですが、ハハコグサとハコベはどこにでも生えているのですが、ナズナが見当たりません。
ナズナが希少植物にでもなってしまったような気が致しました。

人参畑の手の届くところを探してみました。やっと見つけたのですが、すでに花を持ち、もう一株もつぼみをつけています。 毎年ナズナを抜くとき気持ちの良い香りが漂うのが楽しみです。この1年健康が約束されるような清らかな香りです。 ナズナだけは根ごと茹でて粥に入れ頂きます。

IMG_2464_convert_20180107231736.jpg
松村家の人参畑のナズナ(アブラナ科ナズナ属)根生葉は羽状分裂し、先端が巾広い。茎葉の基部は矢じり型で茎を巻きます。

IMG_2471_convert_20180107232137.jpg
ナズナの根。土の中から出たとたんに香ります。

IMG_2466_convert_20180107231827.jpg
花は白色の十字型花。

IMG_2468_convert_20180107232024.jpg

IMG_2462_convert_20180107231924.jpg
ハハコグサ(キク科ハハコグサ属)春咲きで、葉は幅広でへら状。葉表にも綿毛があって灰白色。

IMG_2472_convert_20180107232226.jpg
ハハコグサと、ナズナに似るナガミヒナゲシ。かなり多くナガミヒナゲシの芽出しが見られます。

IMG_2483_convert_20180107232259.jpg
昨年までナズナをとらせて頂いた畑が宅地化。バリアフリーの素敵なお家が完成間近かです。

1月8日(追記)
七草の前夜、おまじない程のナズナとハハコグサ・セリ・大根の葉・カブノ葉を茹でてあくを抜き、まな板に載せて、七草の歌なのか、おまじないなのか解りませんが、昭和62年に88歳で姑が、翌年87歳で母が旅立ちましたが、2人とも同県人、ナズナを包丁の背で刻む時の歌は一緒でした。家に災いが入らぬためのまじないではと、私も訳の分からぬまま姑の跡を継いで続けています。翌朝お餅入りの粥に混ぜ、神棚、仏様に備え、熱くとも息を吹きかけないように(福が逃げないように)いただきます。

 
 「七草ナズナ 唐土の鳥が 渡らぬ先に パッタリコ パッタリコ 」 の繰り返しです」

野塩八幡様 再建記念祝賀会 (清瀬市)

元の八幡様のお社と同じ場所に、設計もそのままに新たな八幡様が再建されました。
氏子皆様のお力で、境内の何処もが優しく整備され、高齢者にもお参りしやすい八幡様です。
今はモミジが見事です。

IMG_199229-11-24縺薙l繧堤ォ九※繧祇convert_20171127232716
IMG_1991.jpg

IMG_1996_convert_20171127231358.jpg
まつりを飾る新しい幟です。子供たちの心に残る幟です。

IMG_2014_convert_20171201002815.jpg
氏子総代さんのご挨拶です。

IMG_2007_convert_20171127232231_20171129180152355.jpg
IMG_2064_convert_20171127232345.jpg

IMG_2004_convert_20171127231811.jpg

IMG_2009_convert_20171130211954.jpg
IMG_2012_convert_20171127232823_20171129175714236.jpg
IMG_2018_convert_20171130213858.jpg
IMG_2026_convert_20171127232143_20171129180329782.jpg
IMG_2075_convert_20171127232600_20171129175825fdb.jpg
IMG_2066_convert_20171127232900_201711291756517a4.jpg
IMG_2067_convert_20171127232426.jpg
IMG_2098_convert_20171202115552.jpg
参道の階段も幅広く、上りやすい緩やかな傾斜となりました。
お社は深い緑のもとに、新たな八幡様、地域皆様の拠所です。
今日は、これからの恒久平和を祈り、平安な未来へ続く歴史の始まりを皆で願い祝います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

IMG_0143_convert_20170720010903.jpg

IMG_0986_convert_20170901175718.jpg
境内緑地に恵まれたヤマユリやアズマカモメヅル(新お社を祝うように平成29年10月初めて出現)ほか四季を通して見られる野草は、氏子皆様に大切に見守られています。 

暖かくって優しい村祭り (清瀬市野塩八幡様まつり)

11月2日、お祭りの前日氏子の皆様はお祭りの用意に追われます。
テント張り、大人気のお野菜たっぷりの芋煮の用意。手間ひまかけたとても優しいお祭りです。


IMG_1877_convert_20171103223215.jpg
お祭りの日に初めてみんなが登る階段の完成です。

IMG_1880_convert_20171103223124.jpg
IMG_1917_convert_20171103223836.jpg
完成して初めてのお祭りを迎える社殿です。


11月3日 お祭り当日、穏やかな秋日和、ご近所皆さんとお逢い出来る賑やかなところです。

IMG_1906_convert_20171103233807.jpg

IMG_1911_convert_20171103223710.jpg

IMG_1907_convert_20171103223552.jpg

IMG_1908_convert_20171103223625.jpg

なんとも頼もしい街の消防士さん子供たちの人気です。
IMG_1909_(2)_convert_20171103224924.jpg
IMG_1913_convert_20171103223759.jpg