FC2ブログ

・・・・・・・・・・・・・・・・

2月1日 胸のつぶれるような重苦しい1日が終わりました。
穏やかな日常の尊さを考えるここ数日です。

多摩六都科学館ボランティアさん作 《ひつじさん》
IMG_6356_convert_20150119223311_20150201233826bd0.jpg

岡本さんが丹精込めて咲かせたやさしい花 (捨てられていたものを蘇らしてくださいました)

IMG_6419_convert_20150201233438.jpg

IMG_6422_convert_20150201233739.jpg

IMG_6427_convert_20150201233650.jpg


スポンサーサイト



南アルプスの秘境 早川町奈良田

 10月25日中央高速を下る、穏やかな心地よい日和。
南アルプスの主峰北岳と並ぶ高峰、間ノ岳、農鳥岳など3千m級の山々を源流とする早川に入る。そそり立つ崖と清冽な流れの早川渓谷に沿う細い道は、途中崖崩れ工事のため30分づつ1日4回だけの通行。
 戦後間もなく今のように車道もないころ、姉・兄が強く拒否するまで、毎年8月1週間は赤石温泉や桃の木温泉そして西山温泉等へ湯治に連れて行かれました。西山温泉の時は、食糧や炊事道具を持って途中までトラックに乗せられ、後はトロッコ道を歩かされたように思います。
 湯治中の昼間、早川の渓流に沿って尚も上流に散策にでると奈良田という村落に出ました。山間の狭い所に並ぶ家々は、板屋根に大きな石を載せ、四角に切った下駄の材を乾燥させるのでしょう、高く積み上げてありました。
その奈良田の印象はとても強く、半世紀をはるかに超えて今も、道々の多彩な野草の出会いと共に残っています。
 近代化した西山温泉の前を通り、紅葉が始まり圧倒されそうな山に沿って尚も進むと奈良田に出ました。

2010125早川の麓+001_convert_20101027000919
ゆったりと流れるふもとの早川

2010125早川+005_convert_20101027001230
山中に入ると雨でした

2010125奈良田ダム+044_convert_20101027001933
私の記憶の中の奈良田村落は奈良田ダムの下に消えていました。(水があるのはここだけ、あとは可原)

2010125河原化した奈良田ダム+011_convert_20101027003325
1953年に建設された奈良田ダムは、まもなくの伊勢湾台風一発で土砂に埋まり、V字型の美しい渓谷は水を湛えるダムではなく広い河原に変わっていました。

2010125奈良だ温泉白根館+043_convert_20101027004501
砂可原と化したダムのほとりに建つ、「入って良し飲んで良し」の奈良田温泉白根館

2010125イワギボウシ+008_convert_20101027005418
直立の岩場に貼りつくように咲く イワギボウシ(ユリ科)(大きな岩場は崩れ予防の網掛けがされています) 

2010125イワギボウシ+009_convert_20101027005954 2010125イワギボウシ+010_convert_20101027011502
今年は花期が遅れたのか10月も末に見られたのは幸い。イワギボウシの葉には長い柄があり、花の広筒部はふくらむ。

2010125リンドウ+022_convert_20101027012115
雨の中に咲く リンドウ(リンドウ科)

2010125フジアザミ+042_convert_20101027013023 2010125フジアザミ039_convert_20101027012748
道沿いや草原にフジアザミ(キク科)が見られる

2010125 ノブドウ053_convert_20101027014141
見事に大きい「ノブドウの果実」(ブドー科)葉はすでに虫に食われたか少ない

2010125フサフジウツギ+061_convert_20101027015104
雑草の中に咲く フサフジウツギ 美しい花ですが終りかけていました 

2010125リュウノウギク+015_convert_20101027020906 2010125リュウノウギク+037_convert_20101027015949
リュウノウギクやタニガワコンギクなど多くのノギクの仲間が道々に咲き目を楽しませてくれました。
流石に植生豊かなところ、車が止められないのが残念。今夜からは山も木枯らしとの事、花の時期も終わりでしょうか。