FC2ブログ

植栽地の草取り

6月29日(土)空掘川に沿う、三郷橋植栽地、2度目の夏を迎えます。
乾燥で伸び悩んでいた夏草が、6月下旬の雨で一気に深い緑になりました。
7月1日、川づくり・清瀬の会皆さんで草刈の予定。それに先がけて、苗木の周り、残したい野草の周りを数日かけて除草。巣立って間もないすずめが虫を狙っているのでしょう、周りをちょこちょこしています。


IMG_0228_convert_20130629231242.jpg
ヒメムカシヨモギ・アレチノギク・ヒメジョオン(共にキク科)等に覆われた林床。草のないところは、昨秋から3月まで放射能汚染を避けるために農家で使われない、落ち葉をかなり入れてみました。

IMG_0241_convert_20130629231754.jpg  IMG_0264_convert_20130629235208.jpg
やっとネジバナ(ラン科)が咲き始めます。

IMG_0233_convert_20130629232122.jpg IMG_0269_convert_20130630000336.jpg
ワルナスビ(ナス科)北アメリカ原産で、繁殖力の強い多年草。茎は勿論の事、葉の脈上や花序にも固く鋭い刺を持ち、痛い思いをしながら抜いても地中に横走する根茎全体は抜け切れない。

IMG_0265_convert_20130629232459.jpg
北アメリカ原産、オオマツヨイグサ(アカバナ科)の主根は40cm程も長く、抜くのには力が要ります。

IMG_0272_convert_20130629232931_20130629234308.jpg
昨春芽出しの実生のクワ(左)、植栽木を越えて成長。

IMG_0268_convert_20130629233315.jpg
昨春実生のナンキンハゼ(トウダイグサ科)もまた植栽木を越えて伸びています。

IMG_0274_convert_20130630003849.jpg
植栽したエノキ(ニレ科)の横50cm程離れたところに、エノキの幼木約30cmも育っています。
ナンキンハゼ・クワ共に成長の早い樹種なのか、それとも実生の方が育ちがよいのか、何本か生えてきている実生のエノキの成長観察をしてみます。

IMG_0236_convert_20130629233608.jpg
2.5cm程のバッタさん、まだ成虫前なのだろうか、それともこれで成虫? あまり目立たない姿です。
          IMG_0211_convert_20130629233848.jpg
          ベニシジミ(シジミチョウ科)  すでに、カメムシや蜘蛛も見られます。


スポンサーサイト



間のわるい時

9月11日、都は治水のために、2~3本しかない河床内の自生木を切らせて下さいと言い、「樹木維持管理ルール」がやっと動き出した矢先、「それはないでしょう!」 こんな時どこにも援軍のいない心細さ。
集中できない時のごみ拾いは怪我のもと、思いきり頭をぶつけてみたり、林のフェンス内に家電製品が嫌というほど投げ込まれ、フェンスの外で待ちうけてくれる大谷さんめがけて投げだすのですが、これが重い。
その1つ赤いまだ使えそうな大きなラジカセ、これなら投げればフェンスを越えるかと、思いきりの力で投げれば、歳ですね! 越えられずに手を挙げたままの脇腹に返ってきました。
2・3日すると寝返りも打てない。レントゲンを撮ってもらうと見事に「く」の字。
「折れていますね、女性は折れやすいんですよ」 「女性はよく折るんですか? それでは大したことないですね」 固定をされて痛みどめを飲めば通常な生活に全く差し支えはない。
「自分は絶対怪我をしない」そんな過信が揺らぐどうしようもない、「何かいやなことがあるかな…」 何をしてもうまくいかない、直観的に予感できる負の思考、落ち込みの時ってあるように思います。

小さい家の、小さい屋根の手入の時。やっと我が家の番になりました。これまでひたすら雨の一湿りを待ちわびていたのに。18日若くてハンサムなペンキ職人さんが飯能から3人来てくれました。
始まってみたら雨続き、1日中降るわけでもなく。

こんな間のわるい時は、おいしい茶菓子に熱いお茶を飲みながら、じっとその時が過ぎるのを待つしかないですね。

自然を守る会 会員さんの艶姿 (清瀬けやきホール)

4月15日 健康を気遣っていらしたKさん 「藤むらさき」見事な舞姿でした。

IMG_1057_convert_20120416005633.jpg

IMG_1068_convert_20120416005754.jpg

IMG_1084_convert_20120416005944.jpg

IMG_1081_convert_20120416010121.jpg

続いています 授業で落ち葉掃き (清瀬市第四小学校)

清瀬市第四小学校は、カタクリの咲く雑木林に近く、今日は里山体験の一つ落ち葉掃き。

201110226+5年生の落ち葉掃き+020_convert_20110226233320
毎年の5年生 2時間のがんばりです。

201110226+4小落ち葉掃き+023_convert_20110226233810
熊手で集め、ぬの駕籠に踏み込んでトラックやリヤカーに運びます。

201110226+4小落ち葉掃き+022_convert_20110226235659
踏み込むのは生徒のお気に入り作業。

201110226+八本ばさみを担ぐ子+021_convert_20110226234400
農家の落ち葉掃きに使われる竹籠「八本ばさみ」踏んで踏んで詰め込まれた重いかご、5年生はかつぎます。

201110226+4小堆肥場+029_convert_20110226234743
学校に積まれた落ち葉は、何度も切り返され、良い腐葉土になり学校農園の土に戻ります。

毒蝮なんてオーバーな  毒蝮三太夫氏  清瀬市へ

清瀬駅北口、ケヤキ通り。少し進んだ右側にボランティア仲間の 『すがはら印刷』 さんがある。
まだ石油系印刷インクの VOC(Volatile Organic Compounds)揮発性有機化合物の有害性などとあまり聞かないうちから、植物性のインクを使うなど環境に配慮されていることから今日の毒蝮氏の訪問になったのでしょうか?

カランコロン 下駄の歯音を響かせて にこやかにご登場 20分程の時間なのに終わるころには工場内いっぱいの人が集まる

期待した毒は忘れてきたらしい それとも人品いやしからぬ清瀬市民には毒舌は不向きと見ましたか?


2010+08+30+毒蝮三太夫?+004_convert_20100901020711
ほら 皆さん神妙に聞いていますでしょう! 悪質な詐欺にあわないよう 大事なトラの子ひったくられないよう 清瀬ののんびり市民 被害にあわないための三太夫さんの親心
この方の優しさなんでしょうね


2010+08+30+毒蝮三太夫+008_convert_20100901022837
まじめに 菅原さんご家族と記念撮影