FC2ブログ

清瀬市で薪材と椎茸用榾木の配布

2月13日(土)11:08 PCを開けたとたんに 地震警報 TVに向かい身構えると間もなく3.11を思い起こされるような揺れ。又しても震源は福島沖、最大深度6強、広範囲で震度4の中に清瀬市も入る。夜間のこと被害の少ないことをひたすら願う。

今年もまた、冬季清瀬市の雑木林萌芽更新でできた薪材やシイタケのほだぎの配布が、業者さんによってきれいに切り揃えられて積まれました。配布と言う事ではありますが、皆様のご了解を戴いて薪材は太さに係わらず、1本50円、丁度椎茸の菌を駒打ちするのに良い太さの物1本100円、緑の基金としてご寄付を頂きます。
受け付けやご寄付の入金、車の安全入・出確認、車への積み込み手伝いなど、緑のサポーターさんが市の職員さんと共に12時まで集中します。

IMG_20210116_102322_convert_20210214113058.jpg
薪の供給源の一つ、清瀬市有林中里1丁目の萌芽更新実施の四区画のうちの一つ。 

IMG_4936_convert_20210214113515.jpg
薪の配布会場「台田の杜」 故伊藤ヨシ様の住宅あと。約3ヘクタール市に緑地指定を約束に寄贈してくださる。
50台を超す車が薪積みに集まる。
高田氏は入・出車安全のための交通整理。先ずは消毒とマスクは会場に入るための第一条件。
  
IMG_4933_convert_20210214113434.jpg
加瀬さんと私は持ち帰る薪の確認と寄付の受付。

IMG_20210202_100124_convert_20210214113829.jpg
山に積まれた薪材も50台強の車につけられて会場を出てゆきます。中里植栽地の剪定枝も沢山の薪材に交じって出て行きました。

IMG_4946_convert_20210213235617.jpg
太い薪も1個50円。ほとんどの方がストーブ用薪とか。割るのもひと仕事でしょうが楽しそうですね。毎年の顔馴染みさんが多い。

IMG_4939_convert_20210213235457.jpg
どんどん減ってゆきます。

IMG_4952_convert_20210213235356.jpg
3日目の朝、残り僅か。

IMG_4958_convert_20210214120324.jpg
生木の重さは持った方でなくては分からない。何人かの方は機械化。楽々と荷台一杯詰めて帰ります。

IMG_20210202_100033_convert_20210214121011.jpg

IMG_4955_convert_20210214114351.jpg
今年は早々に用意した薪材、榾木ともに4日で閉店です。

IMG_4934_convert_20210214113341.jpg
サポーターさんが、ほだぎに椎茸の駒うちをして下さいました。あっという間になくなりました。

スポンサーサイト



空堀川(清瀬市)治水工事 河床内に関東ローム層 など

平成28年度から始まった、空堀川の時間雨量30㎜~50㎜対応の河床掘り下げ工事が続いています。
清瀬市と東村山では流れの境界から、柳瀬川合流点まで標高差は僅かな距離で約20m程と言われています。改修前の旧川川幅は狭いものでしたが、流域の農地や林地が雨水地下浸透していたことと、田畑の中を蛇行していたため洪水から免れていたものが、戦後一気に開発。流域の雨は川に集中、昭和50年代現在の川に拡幅、まっすぐに改修されました。そのために清瀬分は短い距離に10箇所に落差工がつくられました.落差工がつくる淵には水が溜まり多くの生き物が棲んでいました。
全く雨のないときにはその淵までも乾燥、魚の日干しができてしまいますが、今年度工事の落差工には最後まで水があり、生き物の命をつないでいました。確かにこの川が出来た時から河床に粘性土の関東ローム層が見えていました。

IMG_20201205_142523_convert_20210203160955.jpg
改修前の落差工 1月9日すでに上流は瀬切れを起こしています。

IMG_20210109_155124_convert_20210203222546.jpg
落差工の水辺とコンクリとの間から、昼間ナマズのしっぽが見えました。アカミミガメ・スッポン・小魚がたくさん柳瀬川に放流されました。

IMG_20210117_154023_convert_20210203183949_202102031842087e4.jpg
薬師橋下も深く掘られて搬入路設置です。

IMG_20210117_100621_convert_20210203172640_20210203185259a5e.jpg
梅坂橋少し下流、明薬大前から梅坂橋・薬師橋を経て柳原橋までの搬入路が出来上がりいよいよ落差工の取壊し工事が始まりました。

IMG_20210112_135303_convert_20210203161430.jpg
落差工傾斜面を外すとなめらかな赤土が出ていました。

IMG_20210111_112824_convert_20210203170642.jpg
何処を掘っても赤土です。

IMG_20210121_161619_convert_20210203170432.jpg

IMG_20210127_105130_convert_20210203171006.jpg
3m以上の地層です。

IMG_20210121_161927_convert_20210203170729.jpg
赤土をなおも掘ると鮮やかな青鼠の地層が出てきてびっくりです。

IMG_20210121_161559_convert_20210203170823.jpg
この不思議な青の地層は多摩六都科学館の地質学ご専門の先生から
「この地層は、この辺りが十数万年前に海底だった時に堆積した、東京層と呼ばれる地層だと思います。特徴的な灰色の粘土層がキレイに見えていますね。」
とご教授賜りました。ありがとう存じました。野塩の地名の由来と重なり面白く伺いました。この地層の厚さはどの位なのでしょう。工事の進行と共に埋められてしまうのが惜しいです。

IMG_20210128_112819_convert_20210203171458_20210203185409e05.jpg
これだけの粘性地層があったらもう少し地層を有効に使った自然度のある設計は望めなかったでしょうか。

IMG_20201109_164215_convert_20210203172317_20210203222201b72.jpg
折角美しい樹形に剪定して頂いた河床内樹木、残念ながらすべて伐採。

IMG_20210117_154154_convert_20210203172525.jpg
長い間洪水にも負けず、河川内を見つめる皆さんを楽しませて頂きありがとうございました。

      

空堀川治水工事2020年度工事着工(時間雨量30㎜から50㎜対応工事)

昨12月21日 2020年度工事が始まりました。柳原橋上下流落差工を含めて93.7Mです。
今年度の工事について河川管理者との正式な説明・話し合いはなく、図面も直前まで目にすることはできませんでした。コロナのせいでしょうか?  
河川整備計画・空堀川の将来像等、安全でその土地にあった美しい景観、生物多様性を求めて真剣に話し合ったこともかつてはあったように思います。

IMG_20210105_112240_convert_20210106001309.jpg
管理通路に告示された図面です。

IMG_20210105_104832_convert_20210106001406.jpg

IMG_20210105_104913_convert_20210106001153.jpg

IMG_20210101_123857_convert_20210106001726_20210106154405990.jpg

IMG_20210105_105237_convert_20210106235950.jpg

工事個所 清瀬分は珍しく夏まで降雨があったせいか流れが止まる事なく、12月2週目から一気に流れが止まりました。

IMG_20210101_125923_convert_20210106153238.jpg
柳原橋下流工事区域のクワの木5本、2年前洪水時無事流下するよう枝も間引き、美しい樹形に剪定されたのですが、真っ先に伐採伐根されます。

IMG_20210101_130200_convert_20210107000947.jpg
改修される落差工。

IMG_20210105_105941_convert_20210107001323.jpg

IMG_20210105_110013_convert_20210107001420.jpg
工事個所までの搬入路の整備。(橋の下を掘り大型工事機器の通路)

IMG_20201205_144645_convert_20210106152544.jpg
干上がった淵には、沢山の鳥の足跡。

空堀川の清掃 多くの方のご協力を頂きました 

秋の除草が済んだ後の河床は歩きやすく、渇水期のため流水も少なく小学生さんの安全な活動に繋がります。
今日も大勢の方がお集まりくださいました。親水階段から上・下流に分かれて清掃作業です。

IMG_20201129_093258_convert_20201216211740.jpg
この広場は旧河川の跡地です。

IMG_20201129_093321_convert_20201216212009.jpg

IMG_20201129_093351_convert_20201216212139.jpg

IMG_20201129_110843_convert_20201216212700.jpg

IMG_20201129_105959_convert_20201216212434.jpg

IMG_20201129_110016_convert_20201216212541.jpg

IMG_20201129_112254_convert_20201216224756.jpg
おおよその量を数えごみの種別に袋に戻し作業は終わりです。

IMG_20201129_093351_convert_20201216212139_202012162254233d9.jpg

IMG_20201129_110824_convert_20201216213157.jpg
会員柏崎氏ご家族様、ようこそ御参加下さいました。冬の河床でオオオナモミの実やコセンダングサの実につかまりましたね。虫のようにとりつき、振り払っても離れないので、くっつき虫なんて呼ばれています。

IMG_20201129_105609_convert_20201216213746.jpg
下宿からお母様とご参加くださいました3年生さんです。流れの中にたくさんの小魚が泳ぐ姿を見て下さいました。
御参加ありがとうございました。

清瀬市消費者展 「緑の重要性」について 清瀬環境市民協議会

「水と緑の清瀬」清瀬駅から市役所に向けての市道はケヤキ通りです。高木のケヤキにとって樹間も狭く、年を経て様々な問題が出てきました。温暖化の進む今健康的な街路樹が求められます。
清瀬環境市民協議会は、景観は勿論のこと多くの役割を持つ街路樹の重要性について、コロナのため参加者は限定ですが、話し合いの場となりました。

     IMG_20201128_131223_convert_20201208234751.jpg

清瀬市野塩市有林の秋の実

自然を守る会皆様と市有林の維持管理作業。きれいになったところに目立つ木の実です。

IMG_4890_convert_20201127234230_20201127235300199.jpg
男性の皆様刈払機ではかどります。

IMG_20201117_141722_convert_20201127234711.jpg
ヒヨドリジョウゴが今年は思い切り林の縁にツルを伸ばし、沢山の赤い実は見事です。

IMG_4916_convert_20201127234405.jpg

IMG_4906_convert_20201127234324.jpg
野鳥が運んだセンリョウ、年を重ねると実付は素晴らしい。

IMG_20201117_134850_convert_20201127234518_2020112723504559e.jpg
シロダモの雌木と雄木、果実をつけるまでに随分かかりました。

変わりゆく空堀川 (夕暮れの改修予定地)

空堀川は平成28年度から、時間雨量50ミリ対応の治水工事が下流から施工されています。落差工の多い清瀬市分はおおよそ1年度に約100m程進めています。
今年度は、河川管理者から正式な話し合や説明を聞く機会も無いまま入札、そして工事着工です。
リバーフロントの河川工学ご専門のアドバイザーの先生方にご指導を賜り、提出の要望書、どのように反映してくださいましたでしょう。

IMG_20201109_164101_convert_20201110231407.jpg

IMG_20201109_164147_convert_20201110231812.jpg
柳原橋から、改修される上・下流です。

IMG_20201109_164535_convert_20201110231917.jpg
この春、丁寧に剪定をして下さいましたクワの木5本、切られてしまうのでしょうか、残念です。

IMG_20201109_164630_convert_20201110232040.jpg

IMG_20201109_165102_convert_20201110232310.jpg

IMG_20201109_165406_convert_20201110232412.jpg
今年度改修の落差工ブロックの隙間から、ナマズの大きな尾びれが、ちょろちょろと見られます。


清瀬下宿ビオトープの秋

柳瀬川に沿う、下宿ビオトープ公園、清瀬市で一番ススキの美しいところでしょうか。秋らしい景色です。

IMG_20201027_114745_convert_20201107002216.jpg

IMG_20201027_114725_convert_20201107002124.jpg

IMG_20201027_090635_convert_20201107001748.jpg
観察も終わりごろ、大きなアオダイショウ出現。子供たちは大歓迎。

IMG_4877_convert_20201107214324.jpg
そして今のクヌギのどんぐりには、ゾウムシの幼虫が穴から出て土に潜り蛹になる時。マジシャンのようにあっと思う間に土に潜ります。

IMG_20201027_115305_convert_20201110001434.jpg
IMG_20201027_115501_convert_20201110001547.jpg
最後は柳瀬川の土手に出て、年を経て、沢山の鞘をぶら下げた、サイカチ(マメ科)の観察。痛そうな大きな棘にびっくり。清瀬生まれの高齢者の方に伺うと、清瀬市ではサイカチを「ガラギッチョ」と呼びかつては、大きな鞘の豆を燃やし独特の臭いで虫よけのおまじないをしたのかも…などと話し下さいました。どんな匂いでしょう。


清瀬金山公園池の外来腫駆除

TV東京でかなり本格的に駆除をして以来、どの位池の生態系が変化しているのか期待をして魚の捕獲を始める。

IMG_4812_convert_20201029233330_20201029234829209.jpg


IMG_4816_convert_20201029233232.jpg

IMG_4825_convert_20201029233517.jpg
30㎝のブラックバス2匹 10㎝ほどのブラックバス。他はブルーギル。

IMG_4819_convert_20201029233623_20201029234730bf1.jpg

IMG_4823_convert_20201029233702_20201029234752061.jpg
スッポンが1匹、ひっくり返してお腹を見てみました。
IMG_4832_convert_20201029235815.jpg

********************************************************

IMG_20201020_121652_convert_20201029234215.jpg

IMG_20201020_121948_convert_20201029234325.jpg IMG_20201020_121951_convert_20201029234409.jpg
静かなどんぐり林の土深く収まって頂きました。

IMG_4838_convert_20201030211520.jpg
ヨメナ1輪水辺に咲いていました。

秋の木の実・草の実が目立ちます

雨の多い毎日、重ね着の季節となりました。
裏の椎茸、期待もせず草むしりに行くと大きくなり驚かされます。

IMG_4761_convert_20201019214025.jpg
花の終わったヒガンバナの根元に頑張るオオカマキリ。

IMG_4796_convert_20201019214125.jpg
テントウムシより大分大きい。オオテントウムシか❓存在感があります。

IMG_4808_convert_20201019215551.jpg
最近では少なくなったイシミカワ(タデ科)葉柄は葉の下面につき、花は青白く、短房状に咲く。葉の形は三角形で淡い緑色。丸い托葉は完全に茎を囲んでおり、まるでお皿の真ん中を茎が突き抜けたようになっているのが目立ちます。茎と葉柄には多数の下向きの鋭いとげがあり、ママコノシリヌグイのように(逆刺)が生え、近くの植物につかまり伸びます。
花後につく5mmほどの果実は熟して鮮やかな藍色となり、丸い皿状の苞葉に盛られたように見えます。
水を含んで多肉化した萼は藍色に見え、それに包まれて、中にはつやのある黒色の固い果実がります。

IMG_4797_convert_20201019215226.jpg
空き家の藪に交じってムベ(アケビ科ムベ属)が実をつけていました。果実はアケビによく似ていますが、ムベは、アケビと異なり常緑性で、果実は熟しても割れないのが特徴です。

IMG_4783_convert_20201019215106.jpg
IMG_4778_convert_20201019230106.jpg
カラスウリ(ウリ科)雌株のみにこの赤い実はつきます。この雌株のつる、まるで雌花の下につく子房のようなふくらみをつけるツルが面白い。

IMG_20201014_161049_convert_20201019215845.jpg
サワフタギ(カキノキ科)野塩八幡様の近くの林に多く実生。横に枝を張る事からの和名でしょうか。秋瑠璃色の美しい果実をつけます。

IMG_4803_convert_20201019215330.jpg
ヒヨドリジョウゴ(ナス科)つる性の多年草。今年は大半が刈り取られることもなく伸び放題。野鳥はあまり好まないのか秋遅くまで可憐な赤で散策者を楽しませてくれます。

初めて柳瀬川(清瀬野塩団地沿い)の生きもの調査

10月5日(月)右岸は東京都野塩の地番で、コンクリート護岸。左岸は埼玉県所沢地番で自然護岸。水際にはツルヨシやミゾソバ、外来のアレチウリ等豊かです。
きっと草むらにはさぞ豊かに生き物がとさかな捕りを前から楽しみにしていました。
空堀川は川に入ると、足の近くを小魚の群れが上下泳ぎます。
ここはまったく魚の姿が見られない。澄み心地のよさそうな環境に見えるのですが?

IMG_4746_convert_20201005232104.jpg
草むらにはハグロトンボがかなり見られます。でもヤゴ一匹見られず。

IMG_4748_convert_20201005232206.jpg
清流です。魚のたくさんいそうな雰囲気です。網に入るのはヌマエビの仲間とザリガニ。

IMG_4736_convert_20201005232750.jpg
IMG_4740_convert_20201005232831.jpg
しばらく下流に向うとオオフサモの群生

IMG_4751_convert_20201005233219.jpg
色鮮やかなコスモスも見られます。

IMG_4753_convert_20201005233006.jpg
唯一のさかな、3㎝ほどのカワムツが2匹。ヌマエビの仲間は多数。

IMG_4745_convert_20201005235542.jpgIMG_4744_convert_20201005235507.jpg
いくら流れの石を裏返しても、下流のようにびっしりと付くトビケラの仲間やヒラタドロムシ等が見られない。

IMG_4756_convert_20201005233301_20201005233750d03.jpg
草むらには持ちきれない程のごみが捨てられている。ごみ拾いをして帰宅。

清瀬市のごみ、集積所から戸別収集になりました

令和2年10月1日から、家庭からの廃棄物が戸別収集になります。ごみ有料袋代もこれまでの倍になります。
目的は、廃棄物を排出するものとしての責任を改めて認識し、ゴミの減量・分別意識及びモラルの向上です。

IMG_20200928_102130_convert_20200928223246.jpg
戸別収集に移行する最後の可燃ごみ収集。「いつもの倍まではないけど多いね」との事。1枚10円のごみ袋代が次から20円となり、各戸の庭先迄収集に来てくれます。作業員さんは大変でしょうね。

IMG_20200928_102142_convert_20200928223745.jpg
今日は2つのグリーンボックス一杯です。

IMG_20200928_102150_convert_20200928223526.jpg

IMG_20200928_102202_convert_20200928223634.jpg
集積したものをパッカー車に投げ込むのと、1件1件集めるのでは・・・・慣れるまで大変ですね。

IMG_20200928_101517_convert_20200928223156.jpgIMG_20200928_101439_convert_20200928223120.jpgIMG_20200928_101424_convert_20200928223041.jpg
この看板ももう見る事が出来ません。

IMG_20200928_100644_convert_20200930230812.jpg
これはペットボトル。1日からは戸別収集です。

IMG_20200929_094639_convert_20200930231028_20201001232324c3e.jpg
資源ごみ(ダンボール・古布)最近は古着が荷台一杯で走る収集車を見ます。(ビン・缶)共に資源ごみは変わらず、集積所に集められます。

IMG_20200930_093155_convert_20201001233411.jpg
集積所収集最後の容器包装プラスチック。容器包装の袋代金は値上げがなくこれまで通り、場所だけが自宅庭先に変わります。
ごみ行政変わり目の1日です。

IMG_20200928_101753_convert_20201001234619.jpgIMG_20200901_150741_convert_20201001234455.jpg
集積所近くに絡むヒヨドリジョウゴ(ナス科)

いい歳して・・でも怖いものは怖いのです

あの世とこの世のぼやッとしたところで生活している私。もう怖いものなんてないはず。
夜家事を済ませて、3,000歩でも歩行をと家を出る。通行人も10時を過ぎると途絶えます。ふっとつる草に囲われた掲示板に声を掛けられたような気がして振り返る。薄暗がりの中に妖気漂うポスター、近寄って確かめるなどという勇気はない。後ろから追われる気配。玄関に飛び込んで座り込んでしまう。目をつぶると白いもやもやの中に眼光鋭く鳥がいる。

眠れない夜を過ごして、太陽の光を背に掲示板の前に立つ。
いい歳をして何と言う事、熱中症予防のポスターでした。怖いと思えば、チャーミングなお嬢さんも写真の背景でびっくりさせられます。わかってしまえば何のことはない。前を通る都度「頑張って下さいね!」と声をかける。

   
    IMG_20200928_101551_convert_20200928143030.jpg

清瀬にナガエミクリ(ガマ科 ミクリ属)

植物にお詳しいK氏にミクリの情報を頂き、今日は観察に出かけました。久しぶりに見るせせらぎは、近頃珍しくアレチウリに覆われ、ここも又新型コロナの影響を受けていました。

IMG_20200921_113400_convert_20200921183306.jpg
何と子供たちの水遊び場をアレチウリがセンリョウです。

IMG_20200921_113250_convert_20200921183120.jpg
やっと花を出すセンニンソウ(キンポウゲ科センニンソウ属)

IMG_20200921_113522_convert_20200921183413.jpg
雑草の中に咲くイタドリ(タデ科ソバカヅラ属)

IMG_20200921_114044_convert_20200921230255.jpg
美しいススキ(イネ科ススキ属) 

IMG_20200921_114930_convert_20200921183944.jpg
ダンドボロギク(キク科タケダグサ属) 北アメリカ原産の一年草。細長い筒状花が上向きに咲く。

IMG_20200921_114156_convert_20200921183558.jpg
ヒガンバナ(ヒガンバナ科)群生

IMG_20200921_114633_convert_20200921183852.jpg
子供たちの好きなジュズダマもまた群生。果実も黒くなり始めています。雑草は多いが、ジュズダマもヒガンバナも群生新鮮な思いで観察。

IMG_20200921_113927_convert_20200921183036_20200921210204312.jpg
雑木林の宝石、ガマズミの果実も色づいています。

§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§

IMG_20200921_115529_convert_20200921223108.jpg
東久留米の落合川でしか見ない「ナガエミクリ」です。かなりの株数がありました。水位がないせいでしょうか非常に実付が多いように見えます。ここに根を下ろし数年たっているように見受けられます。まさかここにミクリが等思いもせずいつもせせらぎ外の通路を自転車で飛ばしていました。

IMG_20200921_164955_convert_20200921184214.jpg
はっきりナガエミクリの特徴、最下の果実に柄が見えます。

IMG_20200921_165054_convert_20200921184339.jpg
ミクリのある流れ、水辺の魅力がまた一つ増えました。

空堀川最下流清掃作業

朝から容赦なく照り付ける暑さの中、空堀川の清掃。思いがけず会員以外の皆さんの協力で上下流きれいになりました。

IMG_20200905_110730_convert_20200905231250.jpg
ゴミの山から、ペットボトル・カン・ビン・トレー・レジブクロ、レジ袋の有料化から2か月、大変興味を持ち分別。お金を出したレジ袋、家庭ごみを入れて川に捨てる、お弁当を食べてレジ袋に入れて捨てる。その事は変わりない。
そして最後に残るのが、これもまた環境に害をなす流れの中でぼろになったビニールクズ。

IMG_20200905_105659_convert_20200905231540.jpg

IMG_20200905_105534_convert_20200905231148_20200906000014b4c.jpg

IMG_20200905_105615_convert_20200905231348.jpg

IMG_20200905_105533_convert_20200906001803.jpg

IMG_20200905_111633_convert_20200906001627.jpg
夫々袋詰めして、河川管理者にお願いして収集して頂きます。大変な量になりますが下流河川を経て海洋汚染源を留め置けたことにほっと致します。

今日初めてご参加くださいました力強い皆様。

IMG_20200905_105746_convert_20200905231644_20200905235711589.jpg

IMG_20200905_111421_convert_20200906002712.jpg

IMG_20200905_111506_convert_20200906002749.jpg
清瀬第三小学校3年生さんお二人とお父様。元気にゴミ拾いありがとうございました。

IMG_20200905_110620_convert_20200905231448_20200905235828f0e.jpg
思い切り汗をかいてくださいましたご夫妻。お疲れさまでした。

IMG_20200905_112050_convert_20200906223512.jpg
暑さの中ご苦労様でした。

***************************************************************

IMG_20200905_095601_convert_20200905233637.jpg
オオブタクサ花から果実になり始めています。茎は太く手に負いません。

IMG_20200905_102203_convert_20200905233930.jpg

IMG_20200905_095532_convert_20200905233551.jpg
刈り残されたオオブタクサ、刈り始めました。茎はすでに鎌の歯が立ちません。 

IMG_20200905_102133_convert_20200906223202.jpg
刈られずに押し倒されただけのオオブタクサ、久しぶりのお湿りで枝を伸ばし始めています。

IMG_20200905_102052_convert_20200906223258.jpg
折角刈ってくださいました草もそのまま。堆肥のように積もっています。
例年除草が済むと清々しく、美しい流れが引き立ちます。今年な雑然と歩きにくい。



河川維持管理作業(河床の除草)

河床の除草時、その時落札した業者さんと,都行政担当者、市民団体とで、除草から残して欲しい在来の植物,外来種であっても非常に珍しく繁殖しにくい野草、そして河川本来のオギ・ヨシ・ツルヨシ・クサヨシ・ガマ等の群生はそのまま残して頂いていました。これらイネ科の群落は、繁殖の旺盛な外来種 センバンモロコシ・オオブタクサ等の侵入を拒みます。
面倒でも地元が大事にしている植生は理解をして頂いた上で残して頂きたかったのですが、「今年の夏はいつもと違う夏」 こんな所にも影響致します。今年は立会いができませんでした。
残したいところを図面に落とし、その上でどうしても残したい草にはテープで印をつけて残して頂きます。

今年は長雨と猛暑で業者さんも急ぎ作業でしたでしょうか。

IMG_4582_convert_20200831100703.jpg
写真のようにオギの群落が、水辺のみ残され後は刈られてしまいました。

IMG_20200830_155549_convert_20200831101018.jpg
フェンスを越えるほど大きくなったオオブタクサがかられずに重機で倒されています。

IMG_20200830_155447_convert_20200831101314.jpg

IMG_20200830_154725_convert_20200831101152.jpg
セイバンモロコシのようなイネ科も刈られてそのままです。

IMG_20200830_154547_convert_20200831101110.jpg

IMG_20200830_155705_convert_20200831101359.jpg
オオブタクサの一群れが、大事な植物のように残されています。
多分慣れない業者さんなんだろうの思いです。

空堀川2019年度 治水工事後の植相

令和2年5月完成の治水工事。工事前は植生豊かな学習の場

IMG_4685_convert_20200823170306.jpg
穴あきブロック、残念ですがまだ何も生えません。

IMG_4687_convert_20200823170551.jpg
ブロックの先の緑は、令和2年度の工事予定。豊かな植性も間もなき消えてゆくのでしょうか?

IMG_4691_convert_20200823170848_202008231728426f7.jpg
ブロックから下流を見ます。40mの覆土の部分です。様々な草が生えています。

ブロックを敷き詰めたところでも、今年のように雨が多いと、護岸の水抜きからかなりの湧水が流れ出て湿地状態。
IMG_4695.jpg
湧水のたまる護岸際にはオオイヌタデなどが群れて咲きます。

IMG_4697_convert_20200823171315.jpgIMG_4698_20200823181914a9c.jpg
セリも生え、大きな株になりキアゲハの幼虫が葉はほとんど食べつくし、茎にしがみついています。

IMG_4689.jpg
IMG_4692_convert_20200823171052.jpg
IMG_4701_convert_20200823171520.jpg
元々多く生えていたジュズダマが発芽したのでしょう。何本も生えています。ほっとしますよね。

流れの中にオイカワが数匹 乾燥での死ではない。何だろう雄ばかり。
IMG_4718_convert_20200823171801.jpg

IMG_4720_convert_20200823172102.jpg

IMG_4721_20200823181738c42.jpg


柳瀬川生き物調査

例年8月は、定期生き物調査を多くの子供達と共に河川の清掃後におこなっていますが、今年は広報も出来ず、会員さんのご家族やお知り合いのお子さんたちです。
それでも例年通り、川遊びの安全ルールについて、水の事故を起こさないためのお話や、河川内のプラスチックゴミが環境に及ぼす弊害について…関心をもって耳を澄ます子供たちです。

IMG_20200809_110852_convert_20200813002708.jpg

IMG_20200809_095214_convert_20200812235817.jpg
ゴミ拾いが済んで、一先ず上がり、皆で拾ったごみを分別ごみの勉強です。

IMG_20200809_095643_convert_20200813002037.jpg

IMG_20200809_095648_convert_20200812235459.jpg
大きな網の塊、ブルーシート状の大きなビニール、工事用のものか鉄骨も多い。ペットボトル、レジ袋一山のごみです。

IMG_20200809_100017_convert_20200813230119.jpg

IMG_20200809_115012_convert_20200813002351.jpg
一先ず清瀬市に回収して頂きやすいようにまとめておきます。

………………………………………………………………………………
さぁ、魚とり 何が捕れるでしょう。
アメンボが取れました。工事ですっかり洗われてしまった水中の石には、イシビル・ニンギョウトビケラ等トビケラの仲間が少し、ヒラタドロムシ・カゲロウの仲間、トビケラの仲間、ハグロトンボのヤゴ、シマエビなどが見られました。それもほんの少しです。
河床を機械でかき混ぜられると、サカマキガイなどいつも見られるものが姿を隠します。

IMG_20200809_115131_convert_20200813003211.jpg
これから生き物調査、約一時間さかな捕りです。ですが昨年の19号台風の影響で水際の草は流され魚の隠れ場所がありません。また、右岸の護岸下は石の入った網袋が並べられ、かつてのようにフナやドジョウ、トンボのヤゴの棲家ではありません。

IMG_20200809_111013_convert_20200814223032.jpg
IMG_20200809_111254_convert_20200813230538.jpg

IMG_20200809_111030_convert_20200813002852.jpg
やっとオイカワ、ヌマチチブなど子供たちの網に入り、ホットしました。

きよせ中里花だより 夏の花 キツネノカミソリ・コバギボウシ

夏の花、キツネノカミソリ・コバギボウシの見頃です。

IMG_20200731_094609_convert_20200802163804.jpg
清瀬中里緑地保全A地区、河岸段丘斜面林です。早春カタクリの群生地でもあり、四季を通して生態系豊かな雑木林です。

IMG_20200731_093947_convert_20200802223358.jpg
コバギボウシ(キジカクシ科)が咲き始めました。

IMG_20200731_105018_convert_20200802223457.jpg
ヤブラン(キジカクシ科 ヤブラン属)

IMG_20200731_093924_convert_20200802165803.jpg
キツネノカミソリの群生(ヒガンバナ科)
IMG_20200731_094042_convert_20200802163940.jpg
IMG_20200804_104957_convert_20200804222911.jpgIMG_20200804_110534_convert_20200804223017.jpg
IMG_20200731_094021_convert_20200802164133.jpg


IMG_20200731_094435_convert_20200802164241.jpg
IMG_20200731_095242_convert_20200802164350.jpg
ウバユリ(ユリ科 ウバユリ属)キツネノカミソリと共に見られる野草。茎の途中に長さ約20㎝、幅広い卵状楕円形の葉をつけ、茎の上部に緑白色の花を横向きに付けます。花被片の内側に覗いてみると紫褐色の斑点が見られたり、野生種の趣多です。

IMG_20200731_095001_convert_20200802164458.jpg
オオカモメヅル(キョウチクトウ科 カモメヅル属)の果実です。

IMG_20200804_105659_convert_20200804223559.jpg
落ち葉の中からひょっこり現れるガマガエル。


夜の花 カラスウリ(ウリ科)

7月31日 農家さんのお茶の生垣に絡むカラスウリ(つる性の多年草)を見る。近頃野塩近辺は多くの畑地が宅地開発され、カラスウリの花も少なくなりました。
梅雨の明けない夕暮れ6時ごろ開花を始めて、日の出頃にはしぼむ一夜限りのカラスウリの花をみつめます。
カラスウリは、秋に赤い実をぶら下げる雌株と、雄花だけをつける雄株で、下の写真は残念ですが雄株です。

IMG_20200730_181027_convert_20200801000927.jpg
雄花の花芽は一ヶ所から複数つき、数日間次々と連続して開花をします。雌株との見分けは、雌株の花筒の下方には、秋に赤い果実となる、緑色楕円形の子房が見られます。

IMG_20200730_180637_convert_20200801000557.jpg
あたりはうす暗くなりました。お待ちどうさま、今夜咲く蕾が一斉にほころんで開花の始まりです。

IMG_20200730_181108_convert_20200801001116.jpg
花冠は深く5裂、裂片の先はレース糸のように細く裂け、花冠の下には細いがく筒があります。

IMG_20200730_181921_convert_20200801001907.jpg
ハムシの仲間だろうか、1㎝弱程の虫や、スズメガの仲間がたくさん密をすいに来ています。

IMG_20200730_181138_convert_20200801001347_20200801002849706.jpg

IMG_20200730_182153_convert_20200801001750.jpg
花々が美しいレースで踊るように様々に開花しています。

IMG_20200731_190117_convert_20200801104815.jpg

IMG_20200731_190153_convert_20200801004212.jpg
一斉に開花致しました。気がついたら手・足・首が蚊の餌食。花開く様子に気を取られ意外と痒さに気づきません。

IMG_20200730_183012_convert_20200801002515_2020080100294803b.jpg
まきひげで絡まり精いっぱいツルを伸ばしたカラスウリが花開こうとするチャノキの生垣。

IMG_20200731_111107_convert_20200801002310.jpg
たった一夜の競演、思い切り伸ばしたレースの糸を又ガク片に取り込んで静かに散ってゆきます。

IMG_20200731_111137_convert_20200801002356.jpg
沢山の夜の蛾に蜜を吸われ花粉をにつけさせて散るカラスウリの雄花の最後。

清瀬の林に夏の花 (花の命は短くて ヤマユリ・キツネノカミソリ)

長雨の晴れ間、林を散策、キツネノカミソリ・ウバユリが開き始めていました。
野塩市有林は先月枯れた樹木や、林に隣接する土地が住宅開発され住宅数個が建設中、その境界に近い樹木も伐採。かなり踏み荒らされています。
、 
IMG_20200722_154302_convert_20200722215107_2020072222512700d.jpg

IMG_20200722_154238_convert_20200722215228_20200722225107e64.jpg
沢山の実生低木サワフタギ(ハイノキ科)が秋には藍色になる実をつけています。

IMG_20200722_153741_convert_20200722221618.jpg

IMG_20200722_153700_convert_20200722220736.jpg
笹から花を見せるキツネノカミソリ(ヒガンバナ科)8月中旬花はふっと消え秋の気配を迎えます。

IMG_20200722_155926_convert_20200722220920.jpg
なかなか増えませんがヤマユリも美しく咲いています。

IMG_4599_convert_20200722222407.jpg
中里1丁目、萌芽更新を行っている草むらに見られる、コボタンヅル(キンポウゲ科)花が楽しみです。

IMG_4604_convert_20200722222244_20200722224730b55.jpg

IMG_20200718_175938_convert_20200722214554.jpg
中里1丁目に咲くヤマユリ。一本に花を多く着け見ごたえがあります。

IMG_20200718_180034_convert_20200722214649.jpg
なかには茎が帯化して50を超える蕾をつけています。大体これは今年で終わる株と思います。

野塩八幡様のヤマユリ

清瀬市野塩八幡様境内には市内他ではあまり見られない、ヒトツバハギ、ワレモコウの群生、コバノカモメヅル、そして今花開くヤマユリ、つる草の数々で賑わっています。

IMG_20200712_111036_convert_20200714230808.jpg

IMG_20200712_102748_convert_20200714231321.jpg
八幡様のヤマユリは、五十数年前近くに住みはじめた時から、すでに咲いていて、世代交代しながら続く花です。

IMG_20200712_103627_convert_20200714231428.jpg

IMG_20200712_102835_convert_20200714231140.jpg

IMG_20200712_111236_convert_20200714231019.jpg
アキノタムラソウ(シソ科)

IMG_20200712_110849_convert_20200714231535.jpg
ヤマユリと同時に開くウバユリ。夏の花です。